7月からアニメ化されるということで読んでみた。

本作の内容は・・
『バチカン市国の神父であり奇跡調査官の平賀とロベルトが、世界中の『奇跡』を調査し、その裏に隠された事件を解決していく天才神父コンビの事件簿』

現在長編が12冊、短編集が2冊出ている。

実はこの本の第1冊目「黒の学院」2冊目「サタンの裁き」は単行本で出ていた頃に読んでいた。
いまから10年くらい前で、そのころ藤木稟さんの作品にはまっていたのだ。
その後ホラー文庫からの出版となりなんとなく読みそびれていた。
(単行本は図書館で借りていたから)

さて、今回1冊目から短編集含む12冊を買い求め読んだ。
本来1冊ずつ感想を書くべきだが、正直覚えていない・・(苦笑)

二人の神父が「奇跡」と思える事象を調査していくのだが、明らかにされる説明が難しい!
調査の過程ででてくる会話も相当専門的でややこしいし、当然そこにキリストに関わる話があり
聖書の一文やら歴史のひもときやらが語られる。

調査官の二人が科学と古文書解読のスペシャリストという設定なのであたりまえといえばあたりまえの会話。
(作者はどれだけ博識かつ研究してるんだと感心する)
とはいえそこがつらくて読むのをやめようかと思うことがあった。

「奇跡」も壁に浮かぶ姿が「カビ」によるものなんていうのは、非常に納得できるが
ほとんどのものはそんな単純なものではなかった(だから小説になるんだが)
壮大すぎて解決した気がしない・・・

ファンのひとは主人公のロベルトと平賀の信頼関係が深まっていくのが楽しみで読んでいるんだろうなあ。
実は小難しい説明の少ない短編集が一番印象に残り、いい味の話が読める。
たぶん短編は一人称で心の動きが分かりやすいからだと思う。

ただ短編集は長編の番外編というか幕間の話なのでこれだけ読んでもその良さはわかりにくい。

アニメではわかりやすくなるのかな?
すくなくとも「ストラ」って何?とか思わずにすみそうだ。
(ストラとは礼拝の際に首からかける帯)



あっという間に1カ月以上間があいてしまい、広告が貼られてしまいます(苦笑)

正直、年明けから体調不良続き。
インフルエンザを皮切りに、肩こりによる頭痛、そしていまは坐骨神経痛・・・

せっかく暖かくなって桜も咲こうというのに情けないなあ。

うーんグチしか書けないからよけいブログから遠ざかるのかな。

このブログももう10年!

記憶のメモとしてももう少し残さなくては。
ここ数年の私はなにも感動していないみたいだ。

アメトークのテーマが「ガラケー愛する芸人」でした。
実は私もいまだガラケーです。
もういまの機種は5年くらい使っているでしょうか。
塗装も剥げています。

もうまわりでガラケーを使っているのはダンナぐらいです(苦笑)

月に2~3回「スマホにしたい!」と思います・・・

まず「LINE」ができない
外出先で地図など検索できない(サイトが携帯に適応していない)
写真を共有できない(スマホで撮られた写真はデータが大きくて見られない)

そしてなによりまわりがほとんどスマホなので出して使うのが恥ずかしい・・・

ガラケーの利点は「慣れている」の一言につきます。
あと基本電話・メールの使用だと料金が安い。

まあ「慣れ」は使えばうまくなるだろうし
最近は料金も安くなってきているらしい。

あとは「買い替える決心」だけ!?

ひなまつりまであと幾日もないのですが・・
やはり、一年に一度はお外に出してあげないと可哀想だなと思い飾りました。

ガラスケース入りの親王飾りなので、箱から出しだけです。

娘が生まれたときに、私の両親が買ってくれました。
私は一人娘なのに経済的事情があったのか、ひな人形は持っていませんでした。

なので両親は女の子の孫なら絶対買ってやると思っていたそうです。
私が幼いとき

「なんでうちにおひなさんないのん?」

聞いたらしい・・・

それが心に残っていて「部屋狭いからいらん」と言ったのに届けてきました。

まあ私も長女に「三輪車」も「手押し車」も買ってやらなかったことを今も心苦しく思っているので
親というものは子どもの言葉を覚えているんだなと納得しています。

おひなさまを飾っても娘たちは独立していないという・・
とりあえず三日が過ぎれば早く片付けないと(笑)