お正月に「時代劇専門チャンネル」でやっっていた「壬生義士伝~新選組で一番強かった男」をやっと見ました

原作を読んでませんが、ドラマ版のあらすじは・・・・・
主人公南部藩士吉村貫一郎が困窮のため脱藩。
その腕を生かして新選組に入隊し、人にいやがる仕事も引き受け金を稼ぎ妻子に送る。
しかし、新選組は朝敵とされた会津藩と共に京を離れることになり、鳥羽伏見で戦うことに。
敗退が決まったとき、土方や永倉たちは吉村に妻子のもとに帰るように告げる。
盛岡藩大阪蔵屋敷にたどり着いた貫一郎だが、そこで切腹する。
残された長男嘉一郎は五稜郭での戦いに志願し討ち死にし、次男は越後の豪商に預けられのちに帝国大学の教授となる。

妻子大事の吉村が大阪でかっての旧友大野次郎右衛門の言葉により切腹するのが悲しいです。大野が与えてくれた刀は息子に残し、自分は刃こぼれした自分の刀を使うのです。
その姿を見て、大野は盛岡に戻った折、新政府軍と戦うことを進言するのでした。

大野が陣を張ったていたのが南部領「鹿角」でした。
「鹿角」は現在秋田県です。
秋田(久保田藩ほか)は「新政府」に組した側で、今も県歌にそれを歌った歌詞

 錦旗を守った戊辰の栄えは
 矢留の城頭 花とぞ薫る


があり、「鹿角」の人には苦い思いもあるようです。

ドラマでは土方歳三が函館で撃たれるところまで描いていました。
永倉新八が「風の果て」の遠藤憲一さんで渋かったです。
斉藤一ってくせのある人として書かれる事がおおいですね。
こちらでは竹中直人さん。
吉村貫一郎の話なのについつい近藤・土方・沖田の交流に目が行きがちです。
撃たれた近藤を労わって、沖田の護衛ということで大阪に行かせる土方がよかった。

NHK大河ドラマ「篤姫」を見ています。
宮崎あおいさんが可愛いです。瑛太さんもいい味です。
のちの小松帯刀ですが、大久保・西郷に隠れているけれど
彼がいなければ薩摩藩はもっと揺れていたわけで体の不調さえなければもっと活躍した人ですね。
西郷(小澤征悦)は雰囲気出てます。
大久保(原田泰造)は少し軽めですが若い頃なのでこんなものかなと。


時代劇専門チャンネルで大河ドラマ「翔ぶが如く」を再放送していてこちらも見ています。
1990年放送で、こちらは西郷(西田敏行)と大久保(鹿賀丈史)を中心に話が進みます。

月~金放送なので話が先になり、すでに一子は京都に行き篤姫となっています。
なんと篤姫は、富司純子さん!!
いくら女優が若いと言っても当時45歳の富司純子さんに輿入れ当時21歳は無理があります(苦笑)
こちらでは当主斉彬の弟久光が高橋英樹さんで、「篤姫」と混乱することも・・・


木曜時代劇「鞍馬天狗」を1回目見ましたが桂小五郎さんに幻滅して
次回はパスかなあ(笑)
新選組は悪役ですし・・・

関連記事

コメント 2

なつ  2008, 01. 21 (Mon) 11:55

あさぎさん>

「新選組!」では、近藤さんが自ら総司に護衛しろ、と頼んでました>
そうなんですね。「壬生義士伝」で弱音を吐かない近藤にうんと言わせ、沖田も養生させる土方の言葉に惚れました。

本も読んでみたくなりました。

編集 | 返信 |  

あさぎ  2008, 01. 21 (Mon) 09:39

「壬生義士伝」ドラマ版、ご覧になったのですね~
因みに、私、小説も読んだんですが、メチャクチャ良いですよ。
もしお時間が有れば、是非!

土方さんが近藤さんに総司の護衛を頼む場面。
コレ、「新選組!」では、近藤さんが自ら総司に護衛しろ、と頼んでましたが、私は土方さんが二人の間に入って心を砕いた「壬生~」の方が好きです。

「篤姫」の西郷さん、私もなつさんと同感です。

編集 | 返信 |