買いました!
我慢できずに出先の駅で本屋を見つけたとき思わず入ってました。
文庫のベスト1だと飾ってありました。

電車とカフェで走り読み(苦笑)

内容はネタばれですので置きますが、磐音の活躍が戻ってきた感じです。
いろいろな方の縁を繋ぎ、剣の冴えも見せます。

この本では2つの婚礼を中心に、たの字のあの方の影がいよいよ迫ってきます。
とはいえ、何があってもいつもの磐音くんです。

やっぱり江戸の街で動いてもらいたいと思っていた読者を満足させる話となってます。

でも・・柳次郎さんが出てきません(涙)


「居眠り磐音読本」を同時に買われた方はこちらの書き下ろし話を先に読んでください。
とてもいい話でした。
この時間があったからこの人たちのつながりが深いのだと
あらためて感じました。



皆様の感想を楽しみにしています。
私ものちほどゆっくり感想を書きたいです。
関連記事

コメント 4

narkejp  2009, 07. 04 (Sat) 06:53

ようやく24巻

おこんさんと磐音の祝言までが、なんとも長いお話ですね。この分だと、金兵衛さんが初孫を抱くまであと何巻を要するのだろうと、娘を嫁に出した立場どうしで余計な心配をしてしまいまする(^o^)/
テレビの番組のほうも、エピソードを縦横無尽にカットアンドペーストしているらしく、唖然呆然、最近のNHKの時代劇はずいぶん軽くなったと感じます。ふだんテレビは見ない生活が長いので、余計にそう感じるのかもしれませんが。

編集 | 返信 |  

nanjoh  2008, 02. 02 (Sat) 14:14

ご訪問ありがとうございます

「平成草双紙」のnanjohです。
ブログへのご訪問、ありがとうございました。
年甲斐もなく「居眠り磐音江戸双紙」にはまっております。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

編集 | 返信 |  

なつ  2008, 01. 23 (Wed) 21:15

陽炎ファンさん>
素敵な情報ありがとうございます!
そしてつたない批評を読んでくださってありがとうございますv
9月か・・・待ち遠しいです。

編集 | 返信 |  

陽炎ファン  2008, 01. 23 (Wed) 19:54

「陽炎の辻」パート2、9月から土曜時代劇で放送開始決定しました。NHKドラマサイトで発表されました。良かったですね。いつも丁寧な批評楽しみに読んでます。

編集 | 返信 |