傾いた本棚

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

本棚を見るとその人のことがわかるとか・・・

高杉晋作 池宮彰一郎 

11月15日は坂本龍馬の命日だったんですね。
没後140年とか。ヤフーで特集を組んでいました。
そこでネットでいろいろな検定があることも知りました。
龍馬検定だけでなく、幕末検定とか・・・「みんなの検定」
「幕末維新検定」10問満点でしたv


NHK「その時歴史が動いた・奇兵隊」を見てひさしぶりに高杉晋作に興味がわきました。
それで池宮彰一郎の「高杉晋作」、田中秀征「梅の花咲く」を読みました。

高杉晋作ってよくわからない人ですねえ(苦笑)

高杉晋作〈上〉 (講談社文庫) 高杉晋作〈上〉 (講談社文庫)
池宮 彰一郎 (1997/09)
講談社

この商品の詳細を見る


梅の花咲く―決断の人・高杉晋作 (講談社文庫) 梅の花咲く―決断の人・高杉晋作 (講談社文庫)
田中 秀征 (2002/12)
講談社

この商品の詳細を見る

池宮氏もあとがきで述べられていますが、「真実は一つではない」のでおかれた立場によって、それぞれ異なる真実を持つのだと思います。

維新の志士を取り上げても、西郷隆盛を英雄とするもの、坂本龍馬を最高とするものとでは見方が変わっていきます。


「高杉晋作」のほうは、高杉びいき(?)のせいか桂小五郎を「調停屋」坂本龍馬を「斡旋屋」中岡慎太郎「旅回りの将棋差し」と書いています。薩摩は「美しくない」と言い切り西郷隆盛も権力欲が強い人であり、奇兵隊でも山県狂介のことなどぼろくそです。

この本でわかったことは高杉晋作は最後まで長州藩士であり続けたのだということです。龍馬のように脱藩して背負うものを捨てたのではなく、高杉小忠太のせがれとして親や妻のことも考え、藩のためためだけに動いたのです。


晋作がした大きな仕事は三つ。

イギリス、フランス、アメリカ、オランダの4カ国連合との和議交渉をまとめた(慰謝料を幕府に払わせた)

「藩内革命」を起こし保守党を排除した。

幕府の征長戦争(四境戦争)から長州を守った。



晋作が本当に活躍したのは亡くなる前の三年ほどです。
それまでの晋作は松下村塾で優秀だったけれど、ふらふらしていたし、迷ってばかりです。若さにまかせて英国人公使館を焼き討ちしたり、留学費用でどんちゃん騒ぎををして使い果たしたりしてました。


それでもいずれは「いずれは長州を率いる男」と見込んだ藩重役の周布政之助や桂小五郎がかばってきたおかげ(時には牢に入れても)で、久坂玄瑞・入江九一・来島又兵衛・吉田稔麿のように志半ばで死なずに済んできました。

また八・一八の変での薩摩藩の行動、禁門の変後の諸藩の態度を見てきた晋作は「信じるもの自藩のものだけ」という思いを強くします。
だから「薩長同盟」は自らは出ることなく桂に任せたのだと書かれています。晋作は幕末の志士でありながら他藩との交流をしない人だったようです。

残念ながら晋作が奇兵隊をどう思っていたのかは、2冊とも深く書いていませんでした。
ただ「高杉晋作」では四民平等と考えて奇兵隊を作ったのではないと考えています。農民や商人・下士たちにも士分と同じ志を持ってもらいたかったのではと。


「梅の花咲く」は晋作が梅の花が好きだったことからの題名のようです。春になって他の花が咲く前にひらく梅の花は、桜など春の花々が咲きそろう頃には散っています。
晋作も、明治と言う春が来るまえに鮮やかに咲き散りました。
享年27歳。

高杉晋作が早くに亡くなったことで、木戸孝允・伊藤博文・山県狂介・井上聞多ら明治維新から新政府へと活躍できました。
大久保・西郷もまたしかり。

しかし高杉の地元山口の人気は今も木戸らを大きく上回るようです。

関連記事

カテゴリ: 幕末関連

[edit]

cm / 4   tb / 1   - page top -

« 再び休養中  |  新選組血風録 司馬遼太郎 »

コメント

No title

AKIさん>
そういうことがあったんですか。
長州ってほんとうにやんちゃな藩みたいですね!
藩主さんもそういう家来を大きな心で見守っているというか・・
この本を読んで困ったときの晋作だのみという感じがしました。

2007.11.25 17:50
URL | なつ #- | edit

No title

あさぎさん>
検定は私も知らないことがいっぱいで・・あてずっぽうで答えたものが多くて恥ずかしいです。

ほかにも幕末関係の検定があり、作った人がすごいなあと思いました。

2007.11.25 17:47
URL | なつ #- | edit

池宮氏の晋作本、ちょうど気になっていた時だったので
タイムリーなご紹介で嬉しかったです!
>藩重役の周布政之助や桂小五郎がかばってきたおかげ
もありますが、逆もありかも(笑)。

文久2年の薩長仲直りの宴で、周布さんがブチ切れ、
それに来島さんやら大久保利通やらが参戦し、大混乱に陥り
仲直りどころか険悪さが増した宴会がありました(笑)。
双璧が周布さんを止めなければ流血沙汰は免れなかったようだし、
桂は部下たちの尻拭いに奔走…みたいな(苦笑)。
いずれにしろ、長州の過激なやんちゃっぷりには惹かれますね(笑)。

2007.11.19 15:44
URL | Aki_1031 #IPctb5GI | edit

幕末検定、初級は全問正解出来たものの、幕末維新検定の方、10問中5問正解出来ただけでした~~(悲)

「私って、ホントに幕末好き?」と自問しないといけなくなってしまいました(苦笑)

なつさんは、全問正解とは、、スゴイですね!
尊敬します。

私もこの検定、記事にさせて頂きますね~

2007.11.19 09:48
URL | あさぎ #- | edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://naturalreload.blog77.fc2.com/tb.php/77-ffa5c80a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

その時歴史が動いた 文庫の情報

高杉晋作 池宮彰一郎... 「みんなの検定」 「幕末維新検定」10問満点でしたv NHK「その時歴史が動いた・奇兵隊」を見てひさしぶりに高杉晋作に興味がわきました。 ... 人ですねえ(苦笑) 高杉...

その時歴史が動いた(まとめ版) [2007/11/20 05:15]

page top

FC2カウンター

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ブログ内検索