傾いた本棚

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

本棚を見るとその人のことがわかるとか・・・

読んだ本とかいろいろ 

夕方チャンネルを変えていると、教育テレビで『江戸と大坂では流通貨幣が違っていました。』の解説が。
「南りょう二朱銀」かあ・・・と思ったら本当にそうでした(驚)
金と銀の交換レートが変動するから両替商が儲けていたとも言ってました。だから両替商たちはこの貨幣に反対だったのですね。
交換レートが固定されたおかげで大坂の商人が江戸で商品を仕入れることも多くなり、商業が発展したのだそうです。

この番組は高校講座で「田沼時代と改革」という番組だったのでした・・時代小説は歴史の勉強にもなるんですね。


話は変わりますが、テレビ東京系でアニメ「花より男子」が再放送されてます。山本耕史さんが花沢類を吹き替えていたものです。
当時は賛否両論だった吹き替え陣。

人気漫画の場合、読者は思い入れが強いので難しいです。
「有閑倶楽部」も原作のイメージが違うと話題ですよね

なににせよ、原作ものは「名作」や「当たり役」になるかどうかは「運」もあるのかも。
時代劇専門チャンネルのコラムに、「新選組血風録」の土方歳三は企画では「品川隆二」さんだったと書かれてました。
品川さんのスケジュールの都合で降りたらしい。
栗塚旭さんは篠原泰之進の予定だったのでした!
土方役をしたくて、土方の扮装で司馬遼太郎先生と会ったとか・・・

「血風録」のほうは最後3回しか見てないのでぜひ最初から見たいです。
脚本の結束信二さんは「燃えよ剣」も書かれています。
あたりまえですが大きな事件も描き方が違います。
私の見たラストだけ言えば「血風録」のほうが好きですね。
話の進め方は「燃えよ剣」がうまいですが・・

最近時代小説で澤田ふじ子「冬のつばめ」を読みました。
副題が「新選組外伝・京町奉行所同心日記」
でも新選組はほとんど出てきません(笑)
主人公は江戸から京奉行所に赴任した若者で、彼が近藤たちと同じ多摩の出身と言う設定です。沖田や土方に会いに壬生を訪ねたり、町で行き会ったりします。
京での手下が話す京都弁がドラマ「燃えよ剣」の伝蔵と重なりました。
慶喜たちが大坂から江戸へ去ったあと、京都奉行所の同心たちは官軍の報復を恐れて逃げたものもいると書かれてます。

冬のつばめ―新選組外伝・京都町奉行所同心日記 (徳間文庫) 冬のつばめ―新選組外伝・京都町奉行所同心日記 (徳間文庫)
澤田 ふじ子 (2001/05)
徳間書店

この商品の詳細を見る


もう一冊、「しゃばけ」を書いた畠中恵さんの「アコギなのかリッパなのか」を読みました。

アコギなのかリッパなのか アコギなのかリッパなのか
畠中 恵 (2006/01/14)
実業之日本社

この商品の詳細を見る


ひょんなことから元代議士のおやじのところの事務員になった彼が、小さな事件を解決していく話です。
ささいなことから推理していくところは若旦那のようです。
むなしかったり哀しかったりせず、おもしろかったです。
関連記事

カテゴリ: 雑記

[edit]

cm / 3   tb / 0   - page top -

« 休養中  |  クイズガリベンと土曜スタジオパーク »

コメント

あさぎさん>
「新選組!」もそうなんですか?知りませんでした。
品川隆二さんは「血風録」の後番組「素浪人月影兵庫」に出られた方でコチラの役が当たり役となりました。
運命って不思議なものですね

2007.10.18 17:34
URL | なつ #- | edit

栗塚さん、土方さんの扮装をして司馬先生の前に現れたというのは知ってましたが、篠原泰之進役の予定だったというのは、知りませんでした。
品川隆二さんという方、どんな方かは知りませんが、栗塚さんが土方さん役で無かったら、もしかしたらこれ程、人気が出たかどうか?疑問ですね。

あ、そうそう!
「新選組!」でも土方さん役は、最初、違う人がする予定だったんですよね。

因縁めいたものを感じます。

2007.10.18 10:21
URL | あさぎ #- | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.10.17 08:24
 |  # | edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://naturalreload.blog77.fc2.com/tb.php/74-355be4ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

FC2カウンター

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ブログ内検索