平日の午後だったがそこそこ入っていた。
なるべくネタバレはしないつもりだが、気になる方はあとでよんでほしい




漫画の実写化モノは見るひとのほとんどは原作を読んだ人と思う
「紅桜編」は名作だし、過去映画版も作られている
だからものすごくハードルが高い

それでも実写化・・・なかなか頑張ったと思う

俳優さんたちはとことん原作ビジュアルに寄せてきていた。
シリアスなところはもちろん、ギャグシーンも振り切れていた。

しかしそこまでがんばった役者さんたちにさせたこと=脚本
これが良くなかった。

原作のだいじなところをわかっていない

監督・脚本福田雄一
福田雄一らしいという批評も読んだが、それならこの作品に合っていなかったということだろう

アニメ版は原作連載の流れのままつくられているが
実写版は人を動かすのだから、予算とかロケ場所とか
同じにはできないことは承知している。

それでももうすこしやりようがあったろうとおもう。
銀魂はおふざけの部分とキメの部分があって
漫画ではギャグ部分が多いようにみえる
しかしキメの部分が本当にかっこいいから許せる

この映画もギャグ(お遊び)をふんだんに入れている
入れているお遊びが長いなあと思ったけどこのあといいシーンが待っていると期待していた
でもなかった・・・
銀さんと桂の立ち回り
二人と高杉との対峙
なかった

原作にないお遊びシーンを入れるならしめのところをしっかり描けよといいたい
ちゃんと原作を読んで理解して脚本書いているのだろうか

だいたい高杉と銀時が刀を合わすなんて・・
それはないし、もしあったたら本気で殺す。
紅桜編原作でそう言っている。

なのに変えたのは「高杉」をみせたかったからと言われても仕方ない

正直今回のキャスト陣で一番「高杉」は合ってなかった
写真ではわからなかったが「声の貫録」「銀時・桂と並んだ時の背たけの不釣り合いさ」が目立った。
だからか(桂と向かい合って話すシーンで高杉は船体に腰かけている)

桂もアニメがCV石田彰で銀時を諭すような物言いなので、少し甘すぎる気がした。

真選組はむりやり出番を入れているので気の毒だった
沖田の口調がどっか変だった
dtvの「ミツバ編」では非常にかっこいい真選組が見られる
1時間(20分×3)で映画よりよっぽどいい

CGの定春がほんとうにCG過ぎて残念
紅桜が浸食した似蔵も完全CG
いまどきもうすこしましな映像ができると思うが、これもあえてそうしているのだろうか

紅桜が銀時によって消滅したしたとき桜の花びらとなって舞うシーンだけは良かった

桂と銀時がパラシュートでおりるシーン
桂は両手で何かにつかまっているようにみえる
あれで片手を話して懐の本は出せないと思う


関連記事

コメント 0