上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長らくトップスターとして活躍されてきた桜花昇ぼるさんが退団されることが決まりました。
大阪で見られるのはこの公演が最後となります。
第一部、第二部ともに桜花さんを中心にすすみました。

ほとんどのステージで桜花さんがからみ、踊り歌っていました。

幕開きの桜花さんの阿国、悠浦あやとさんの女役者と意外な姿を見せてもらいました。
極め付きは高世さんの黒の美女!
綺麗な男役さんは綺麗な女性になれるのだと感心しました。
(遠目には天海祐希さんみたいでした)

二部の最後の方紫の衣装がとても美しくて好きです。

桜花さんと浅香櫻子さん二人きりのダンス。
桜の名を持つ桜の国の王子様と王女様・・・・もう見られないと思うと少し泣きそうになりました。
新生OSK引っ張ってこられたお二人の愛を感じました。

フィナーレでひさびさみた背中の大羽根
センターの重み。

ダンスダンスで押してきたこの公演。
OSKらしさが発揮され、時間があっという間に過ぎました。





関連記事

コメント - 2

卯月なつ  2014, 06. 24 (Tue) 09:46

ちどりさん

わざわざコメントありがとうございます

この日は主人と「大阪府民優待」で観劇し、千秋楽はひとりで行きました(笑)
桜花さんの出番をぎりぎりまで増やした脚本だったとのこと。
確かに出ずっぱりでした。
でもひとりスポットライトを当て続けるのではなく団員さんたちとからむ流れが
とてもうれしくあたたかい退団公演だったと思います。

なぜ「東京」が最後なのかなと残念な気もしました・・・

編集 | 返信 |  

ちどり  2014, 06. 22 (Sun) 23:46

ごぶさたしています。

1年前にくださったコメントにこの間気がつき・・・1年間放置するという大変失礼なことをしてしまいました。申し訳ありません。今年も見てくださったんですね。高世さんの黒の美女には初日、「どひゃーっ」とひっくりかえってしまいました。2回目からは冷静に見られましたけれど。東京の桜花さんもしっかり見てきますね。

編集 | 返信 |  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。