上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このドラマは「三国演義」という物語をもとに作られています。
「正史・三国志」とは違うもので、史実にさまざまな脚色を加えた娯楽大作です。

太閤記や忠臣蔵と同じようにのちの人が作り出した英雄譚ともいえます。

壮大な物語を全95話で描く大河ドラマ
自分の整理のためにあらすじを残します。
#1 黄巾の乱を鎮め幼帝をつけた董卓。義息呂布と共に権力をふりかざす
   文官王允は曹操に家宝の七星剣をあずけ董卓暗殺を頼む
   曹操は董卓の暗殺に失敗。からくも城を逃げ出す

#2 おたずねものとして国中に手配書が回る曹操
   曹操を捕えた官吏陳宮は曹操の大望に感心し付き従う
   曹操の逃亡で王允は死罪を覚悟するが義娘貂蝉の機転で救われる
   


黄巾の乱~討伐~幼帝即位をあっさりナレーター部分で終わらせ董卓と曹操を出してきた。
このあたりは本国では誰でも知っている歴史なんだろうなあ。
美女貂蝉はきれいなだけじゃなく賢い女性だ。王允の自害を止め、屋敷にきた呂布をさりげなく誘う
初めてのときに後姿で迎え、呼ばれてゆっくり振り返るなどめちゃめちゃ策士!
このあたりはドラマの演出がうまい


#3 曹操は知人のもとに身を寄せる。しかし勘違いにより一家を皆殺しにしてしまう
   袁紹のよびかけで十八諸侯が集まり、反董卓の連合軍ができる
   曹操も桃園で誓い合った劉備たちも参加している。

#4 し水関の戦い。諸侯から見下されていた劉備。しかし関羽は華雄の首を取る
   十八諸侯はそれぞれの思惑がありまとまりはない。
   盟主袁紹といとこ袁術は先鋒の孫堅軍に兵糧を送らない
   曹操は劉備たちの力を認めとりこもうと考えるが、その志の高さに敬服し恐れもいだく


いきなり「桃園の誓い」がはさみこまれている。
敵の猛将華雄を酒が醒めぬほど早く打ち取った関羽。
曹操はこのときから関羽の武勇と忠誠心に惚れている。


#5  董卓自ら十八諸侯連合軍を攻める。呂布の挑発に飛び出した張飛。
    劉備・関羽も加わり呂布を囲む
    洛陽に引き上げる董卓軍を追う曹操。董卓は洛陽の宮殿を焼き、本拠地に近い長安に遷都する
    一足先に洛陽に入った孫堅たちは焼けた宮殿で「玉璽」を見つける

#6  呂布の待ち伏せで敗退した曹操は援軍を送らなかった袁紹のもとを離れる
    孫堅、劉備ともに袁紹を見限る。三人は共に認め合い別れを惜しむ。
    玉璽を狙う袁紹たちは江東に戻る孫堅を劉表に討たせる策をとる


呂布と劉備たちの騎馬戦は7分にもおよぶ。呂布の兜が飛び逃げ去ることで終わるが
三人相手に互角ってどれだけ強いのか!「人中に呂布あり、馬中に赤兎あり」
のちに劉備・曹操と共に三国の雄となる孫権が利発で博識な子どもとして出てくる。
関連記事

コメント - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。