上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月14日大雪のバレンタインデー。昼の部に行ってきました。
日本テレビさんの開局60周年特別舞台。

チケットは去年の夏、8月29日に発券していました!
長かった・・・

ちなみに16列目の端の席でした
(前のほうの席はどうすればとれるのか)
商業演劇はチケットが高いしそのわりにあまり満足できなかったので行かないようになってしまった。
過去に観たのは「恋の骨折り損」「五右衛門ロック」「テンペスト」の3本

今回が1番楽しめた気がします。

深夜の宣伝番組で驚いたのは、稽古場に役者さんたちが揃う前にすでに(仮)役の方がすべて覚えて稽古済みだったこと。
全体の動きや殺陣、せりふなど詰めたうえでの本稽古でした。
(本)役者さんには(仮)の方がマンツーマンで殺陣を教えたり・・・
なかなか力が入っています。


ストーリーは映像をはさみながらでわかりやすかった。
でも大阪で大阪城落城のお芝居を見るのは複雑なものもありますね(苦笑)
大阪だけだと思うのですがせりふに関西弁を取り入れてました。
「めっちゃ好きやねん」とか。
正直普通の言い方のほうがよかったかな。
関西出身でない方の関西弁はどうしても不自然で気になるんです。


(再演はない前提でネタばらし)
豊臣秀頼が生きて九州にわたる設定は後味がよくてうれしかったです。
火に包まれる大阪城のもみ蔵でみんなが斃される場面、なんだかタメも少なくあっさり進むなあと思っていたら
どんでん返しへ!
多くの観客のみなさんわかっていたんでしょうね(苦笑)
私はだまされました。


松坂桃李(霧隠才蔵)

テレビでみるより背が高い。かっこいい!視線だけで射殺せるのわかる。
声がいい。欠点ないやん・・・どうしてテレビドラマはヒットしないのか。

中村勘九郎(猿飛佐助)

このお芝居はやはりこの人で支えられてた。おどけて、笑わせてでもきっちり締めて。
ヘタレな幸村を目覚めさせ、新たな仲間を招き入れる。器の大きさが出ていてすてきだった。
頼もしかった。

比嘉愛未(火垂)

実は最強の忍者?強くて宙吊りもこなしていたのに、才蔵の前では可愛らしくていじらしくて・・
舞台制作発表写真でみると真矢みきさんより背が高い!才蔵と並ぶと舞台映えする。


福士誠治(根津甚八・豊臣秀頼)

秀頼の若殿役がはまっていた。オトコマエ!

中村蒼(真田大助)

父幸村を尊敬するけなげなお坊ちゃん。14歳には見えないけど(笑)
守ってあげたくなる純粋さが出ていた。
映画「大奥」の小姓役といい「誰かを慕う」役が似合う。

高橋光臣(筧十三)

高橋さんといえば「イケメンパラダイス」の「ジャンボ!」と叫ぶ柔道部員。
石垣さんとはそのときも共演している。売れてきたんだなあとうれしい。
ちょっとオネエのくせのある役。最初出てきたときびっくり。

村井良大(海野六郎)

舞台「弱虫ベダル」の坂道くんに似ているメガネの文系武士。「戦国鍋TV」の信長とは真逆?
歌って踊れる人なのでこれからも舞台で活躍していきそう


石垣佑磨(仙九郎)

石垣さんといえばウォーターボーイズ2003年。けっこう役者歴長い。
蜘蛛のかっこうはなかなか大変だったと思う。


この舞台の出演者は戦隊・仮面ライダー経験者とNHK朝ドラ出演者が多い。
松坂・高橋・村井・加藤和樹(由利鎌之助)がヒーローもの
松坂・高橋・福士・駿河太郎(三好清海)・比嘉は朝ドラ
どちらも長い期間ひとつの役を演じる番組。
演技力が鍛えられた役者さんぞろいということかも。


真矢みき(淀君)

やっぱり貫録あります。舞台でとても映える美しさ。舞台の中央で大きく見える女優さんだった。
母であり女である淀殿。母として秀頼の命を救うために徳川に通じたけれど、女として炎に消えた。
ウィキを見れば宝塚退団後の女優活動は順調ではなかったらしい。
脇役で存在感のある役をこなされているのはそのあたりが理由かも。


加藤雅也(真田幸村)

見た目と中味のギャップがある新しい幸村。ぴったりでした(笑)最期は男らしく。
淀君とのロマンスも納得。


出演者が映像のみの平幹二朗さんを含め40人!
合戦のシーンの殺陣も迫力でした。
特に槍の加藤和樹さんが難しかったと思います。
宙吊りのアクションも怖すぎる。

会場での写真販売とか盛況でした。
それにしてもパンフレットが折った新聞サイズ(A3)でかすぎる!
重い・・・




関連記事

コメント - 2

卯月なつ  2014, 03. 01 (Sat) 15:20

Aki-1031さん>

パンフレット、大きさを見ずに買ってしまいました(苦笑)トートバッグ付きで。
たぶんこういう公演にくることないだろうなと思ったのでついついお財布がゆるみました。
でもチケットだけでも高いのに物販も高い・・・

大きな劇場をフルに使ってのお芝居でさすが記念公演。
「嘘も突き通せば本当になる」をうまく描いた脚本でした。
桃李くんだけを観たい人でも満足できたのではないかと思いました

編集 | 返信 |  

Aki_1031  2014, 02. 28 (Fri) 23:57

真田十勇士、行かれたのですねー!
東京で公演していた時には、関西弁は一切使っていなかったので
恐らく大阪仕様かと(笑)。

ヘタレ雅也さんが格好可愛すぎて萌えましたvv
その雅也幸村を囲んでの勘太郎さんと桃季クンのツートップ、
どっちも個性豊かでキャラ立ちしていて、素敵でしたよね。

パンフ購入されたんですね~。
ワタシは観客の皆さんが扱い辛そうに読んでいるのを見て、
…購入を断念しました(泣笑)。

編集 | 返信 |  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。