傾いた本棚

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

本棚を見るとその人のことがわかるとか・・・

平成27年度大河ドラマ決定 

ずいぶん遅い発表でした。

「花燃ゆ」主演井上真央

吉田松陰の妹であり久坂玄瑞の妻「文(ふみ)」


うーん・・・微妙。
女性が主人公だと歴史に無理やりからませるパターンが多く心配です。
せっかく長州が中心の話なのに盛り上がりきれない。

次なる配役発表次第でしょうか。
まずは久坂玄瑞は誰でしょうか。
(「新選組!」のときの池内博之さんは残っている写真に似ていてこのみでした)

まあ大河決定で関連本が出たり、山口が取り上げられたり、新たな文献登場などがあるとそれはそれでうれしいですね。
関連記事

カテゴリ: 大河ドラマ

テーマ: 歴史

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

cm / 2   tb / 0   - page top -

« 影武者徳川家康 隆慶一郎  |  「シュンスケ!」門井慶喜 »

コメント

リューザキ弾正さん

「花神」は総集編を見ました。なかなかうまく描いてます。
幕末好き以外には地味だったと思いますが・・
私が読んだ長州関連本でも「文」さんについてくわしく書いているものは思い当たりません。
久坂玄瑞の妻、松陰の妹としか・・実は楫取素彦に再嫁していたことも古川薫氏の本で知りました(汗)
そうせい候の奥女中の件は初めて聞きました。

ちなみに楫取素彦は初代群馬県令として地元では偉人のようです。
晩年の「文」が幕末~明治を振り返るというかたちに徹すればおもしろいと思いますが、それじゃ主役じゃないですね(苦笑)




2013.12.06 17:51
URL | 卯月なつ #- | edit

き、貴重な、長州大河が・・・(涙)

「花神」以来の貴重な長州大河タイムが、台無しっぽく思えるのですが・・・(当社比)

「花神」が名作と思えるのは、思い出補正がかかっているかもしれませんが、好きな大河ドラマでした。


長州については、知らないことが多く、この人は、私の知っているエピ以外にも、もっとエピソードがある人なのでは、と思ったのですが、どうも私の知っているエピのみの人のようです。

その私の知っている貴重なエピ、「容姿に恵まれずに、嫁入りを断られかけたエピ」は、無視のようですし。
(NHKの企画に、松下村塾の皆から妹のように可愛がられ、とあります ^^;)
久坂はツンデレ俺様キャラ設定のようですし・・・(企画を斜め読みした段階ですが)

今年の大河ドラマ視聴は、師走を待たずに終了しましたが、
再来年は、松の内のあいだに、視聴が終わっているかも・・・

このドラマを機会に、埋もれた新資料発見となれば、
嬉しいのですが(切願)

ところで、質問なのですが、文さんが、久坂亡き後、
そうせい候の肝いりで、世子の奥女中になったという史実はあるのですか?

2013.12.05 08:25
URL | リューザキ弾正 #7C/zVFSk | edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://naturalreload.blog77.fc2.com/tb.php/602-99dcf116
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

FC2カウンター

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ブログ内検索