劇場版完結編「銀魂~万事屋よ永遠なれ」
2013/08/19(Mon)
またもご無沙汰でした。
今年の夏はハンパなく暑いです。

家族の盆休みが終わって遅ればせながら映画を観に行きました。
劇場版「銀魂」(笑)
「終戦のエンペラー」と迷ったんですが、評判がよいと聞いたのと暑すぎて難しいものは見たくないなあとこちらになりました。


さすがに平日だし公開して1カ月以上経つのとで空いてました。
それでも2回目と思われる女の子集団とかガラガラではなかった。

中年のご夫婦もきていてびっくり。
まあ私もめずらしい組の観客でしたが(苦笑)

ネタバレできるほど覚えていないというか、なかなかあらすじをうまく言えないストーリーです。
「タイムマシンもの」なので一度見ただけでは時期設定とかわかりにくい。


映画バック・ツウ・ザ・フューチャーのようにタイムマシンものは「過去を変えることによって
未来が変わる」というのが前提。
銀さんも良い未来に変えるべく過去にいくけれど変えた未来には銀時にいない・・・
そのあたりが泣かせどころですかね。
もちろんそれでは連載すら終わっちゃうのでちゃんと描いてます。

土方が実在の写真みたいな服装で登場したり
沖田がるろうにみたいなっていたり
エリザベスが筋肉モリモリになっていたり(声まで神谷明さん)
小ネタ満載で・・・
やっぱり二回見たくなる映画でした。



私的には「紅桜編」を映画館で見るべきだったと後悔しました。
今回は万事屋三人が中心の話だったので桂小太郎の出番は少なかったので。
石田彰さんの声が好きなんです。

だから映画前の予告でいきなり石田さんの声が聞こえた時のほうがドキドキしました(笑)
(なんの映画だったんだろう?)

関連記事
この記事のURL | 映画・舞台 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<京都文化博物館「2013年大河ドラマ特別展」 | メイン | 海の日>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://naturalreload.blog77.fc2.com/tb.php/589-6f6c970a

| メイン |