OSK日本歌劇団 レビュー春のおどり@大阪松竹座
2013/05/07(Tue)
4月29日の午後の部に行ってきました。
このチケットは入院する前に予約していたものです。
「4月末には元気になって外出するぞ」という祈りにも似た気持ち(大げさ・苦笑)で購入しました。
無事観劇できてうれしいです。

一度しか観ていないので簡単でうろ覚えの感想を・・・


・男役さんが少ない感じ。スターといえば「男役」だと思うけれど志願者がないのかな
 (背の高さとか条件があるか)


・浦島太郎はどうして登場のところから玉手箱持っていたのか
 (後の場面は思い出の中?)
  いつ乙姫さまに箱が戻ったんだろう?

・宵待草で書生さんが振られることを願っていた私(笑)
 

・1番ぐっと胸にせまったのは第一部の「お江戸日本橋~東京ブギウギ」
  通路に楊琳さんがきてそばで歌ってくれる。
  こういう全員で掛け合いというか交互に歌い踊る場面が好き

・今回は舞台に大勢で出ている場が多かったような。
 トップのソロはおさえめで。

・ひえつき節のときの銀色の棒になんの意味が?
 
・ビリー&ジュリー  若き日のようにおしゃれに踊る・・粋なラスト
 でもバケツもって歩くジュリーは何しにいくところ(笑)

・砂漠のシーン。最後の飛行機の音ではじめて遭難してたんだとわかった。

・ピエロの恋で人形役の舞美りらさん、可愛い。
 からだが柔らかいっ!

・ラインダンスはいつみてもがんばってるなあ 団員さんもお客さんの手拍子も


・アンコール二回は寂しい(閉館時間が厳しくなった?)


主人も「今回はわけのわからん場面がなくて楽しかった」とのこと。
OSKをよくわかった、お客さんの観たいものをよくわかった方がつくった舞台の気がしました。

一回だけではやはりすみずみまで観られてない感じです
(三階でもいいから二回はみたいかな)

関連記事
この記事のURL | 映画・舞台 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<本を読んだだけではできないこと | メイン | 造幣局の桜の通り抜け>>
コメント
- No title -
リューザキ弾正さん

コメントありがとうございます
ゴールデンウィークあたりからおでかけに不安がなくなりました。
4月は怖くて乗っていなかった自転車にも乗り始めて買い物も楽になりました。
まだじっくり歴史本を読む根気は戻ってないのですが「八重の桜」はまだ観ています

OSKの春のおどり、去年はアンコールが4回でファンの方の熱さを感じられたので今年は余計に残念にもいました。
2013/05/20 10:01  | URL | 卯月なつ #-[ 編集]
- No title -
通常の生活に戻られたようで、何よりです(^^)
アンコール2回は、確かに、ちょっと物足りないかも。
午前の部なら、時間押しで、午後の部の客の入れ込み関係で、
スッパリ終わることもあるようですが・・・

もっと、見に来てv-238というメッセージだったかも(^^;)
2013/05/17 16:30  | URL | リューザキ弾正 #7C/zVFSk[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://naturalreload.blog77.fc2.com/tb.php/585-1122b5d2

| メイン |