上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
始まりました。
いきなり南北戦争から始まり、正直この時点で見るのをやめてしまいそうになりました(苦笑)
そのあとオープニングが曲も映像も非常に暗い。
「篤姫」あたりから主人公を出すようになりましたが、「すべてに前向きな女性」という八重のイメージが感じられません。

福島の美しい自然とかもっと桜のイメージを広げた最後の傘の花のような華やかなものでよかったのではないでしょうか。
毎週あれで始まるのかと思うとちょっとさみしい

テレビ東京のお正月時代劇「白虎隊」もそうでしたが、会津戦争から始めるのはやめてほしかった。
もちろん会津にとっても新島八重にとっても歴史の大きな転換期であったことはわかります。
ただ最後は悲劇ありきで始まるのがどうも受け入れられません。
特に大河ドラマは明治維新以降も描くのだから、ここからさかのぼって・・というのはどうかと。
(綾瀬さんを出したかっただけ?)

ドラマ本編はなかなかよくできていたと思います。
ちょっと容保公と会津藩のかかわり部分は長かったけど
それが会津藩の気質、覚馬や八重の根底にあるものなので初回にははずせないでしょう。

容保公が会津の出身者ではない藩主であることものちに影響してくることですし。

「什の掟」の「年長者に背いてはなりませぬ」という言葉も
幕末、先進知識や情報を持った若い藩士たちが上を動かすことができなかった一因であるように思えます。

それもこれもいわば伏線。

来週にはもう子役さんの出番はないみたいでどれくらいで幕末になるのかわかりません。
(予告では松陰はもう牢に入ってたか)

会津には海がない
しかし海防にあたる・・もうこの段階で無理しているなあという感じでした。
佐久間象山の塾に集まる精鋭たちの熱気が頼もしい。
勝麟太郎、吉田寅次郎配役はいいですね・・・象山はのちに勝の妹を後妻にもらうだっけ。
川崎尚之助というのは八重の夫となる人か!


関連記事

コメント - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。