展示では「十二単の重さ(10キロ)を肩にのせてみる」と「槍(3キロ)を持つ」を実際体験できます。
歴史館もドラマ館も思ったより小規模でした・・・
ドラマ館を出たお土産売り場の横に出演者の似顔絵がたくさん貼られていて
これが中より楽しい(笑)




関連記事

冷える朝

読書の秋

comment iconコメント ( -2 )

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2012-12-10 10:34

「盛絵」というらしいですね。
似顔絵の数々。
本職の漫画家さんも投稿していらっしゃるようです。

10キロの重さを肩に乗せる・・・
ふだん、出来ない体験ですね。
ドラマで女優さんが、所作の先生に、
歩く時、のけぞるような角度にならないようにと注意を受けた、というエピソードを思い出しました。
時代劇、役者さんは、大変ですね~(汗)

名前: リューザキ弾正 [Edit] 2012-11-06 20:10

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -1 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【KOBEde清盛2012 】

展示では「十二単の重さ(10キロ)を肩にのせてみる」と「槍(3キロ)を持つ」を実際体験できます。歴

trackback avaterまっとめBLOG速報

2012-11-15 21:58

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。