OSK日本歌劇団「春のおどり」@大阪松竹座
2012/04/23(Mon)
22日午後の部を観ました。
初めてOSKの「春のおどり」を観てから、今回が5年目。
でも大千秋楽を観るのは初めてです。
簡単に感想を・・・・

・始まりは男役TOP3の口上。かっこよかった

・2階席の右側で見たせいなのか、音声が大きくて歌詞が聞き取れなかった。
 第1部の特にラップ。

・今回の歌い始めは誰だったのか?柑奈めいさんは退団されたはず・・

・明かりがついての総踊り。なんか人数減ってない?

・ラップ(OSKの歴史)を挟んでの和の踊り。テンポがよくて楽しかった。
 でも近鉄劇場閉館あたりはにこやかに歌う姿とは似合わない苦い歴史かも。

・2階から見るとぜんたいがよく見えるけど、舞台の殺風景さも見えてさみしい。
 せりあがりも見えるのでおどろき半減

・舞台両そでの桜の絵は綺麗だった

・2部はダンスで押しまくり!
 桜花・高世・桐生と並んで歌う構成が多かった

・なぜ桜花さんがTOPなのかと思う
 (けっして不満ではなく歴史を知らないせいの素朴な疑問)

・次の世代の若手男役として楊琳さんと悠浦あやとさんが印象に残った
 (すみません娘役さんは特に・・・)

・「楊貴妃」とは名作なのか?切り取った場面だったけれど見てみたい気がする
 (桐生さんの役が今一つ不明だったが、あとで安禄山とわかって納得)

・楊貴妃に高世さんとは・・・思い切った配役。美麗だった。
 ギャング抗争?のダンスシーンの楊琳さんの色っぽさといい、娘役さんの立場が・・・

・ピンクのドレス、あるいは渋いオレンジ色のドレスが好き
 
・OSKの娘役さんはいつも相手を翻弄してるイメージ。挑戦的?

・一部・二部とも「OSKファン」が見たい「OSK]を凝縮した感じ。

・悪く言えば「無難」なのかもしれないが、気持ちよく帰れたのでよかった

・アンコールの「桜咲く国」にはいつもぐっとくる
 
・観客の方が桜の枝を振ってた。1階より2階・3階のほうが熱い!



4回目のアンコール・・階段に揃った団員さんたちが前までうれしそうに出てきてくれました。
それだけだったけれど皆さんの「舞台にたてる喜び」が伝わってきて「大千秋楽」はいいなあと思いました。
  


 
  
関連記事
この記事のURL | 映画・舞台 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<NHK「源平合戦!平清盛VS源義朝」 | メイン | 大河ドラマ「平清盛」  >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://naturalreload.blog77.fc2.com/tb.php/556-863f40e7

| メイン |