上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このブログも4月で五周年を迎えることができました。

近頃は「本棚」と名付けながら本の感想が少ない・・・(苦笑)
読んではいるのですがなかなか感想となると書けなくて。
構えすぎなのかとも思いますが、やっぱり「つぶやき」ではないのであれこれ考えます。
それで時期を逸するというか、中味を忘れてしまうという・・・

それでもここまで続けてこれたので、もうすこし続けていきたいです


で、ひさしぶりの話題が「大河ドラマ」(笑)

「家盛決起」

家盛くんは本当にいい子やなあと・・


4月1日の視聴率が11.3%と低かったらしい。
始まって3か月。

一応かかさず見てきました。
正直人気がないのはわかります(爆)

時代に合わせて武士たちがすすけた感じなのは仕方ない。
でも本当にいつまでも汚い(苦笑)
家盛(大東駿介)が悪左府頼長(山本耕史)の屋敷に呼ばれたときも
装束を新調したようでもなかった。
家盛のひげは大人になっている演出かもしれませんが、無頼な清盛に対比させるならないほうがいい
そのほうが本当に「見目もよい」と・・

平家は財力を持っているはずで、清盛の子どもの時の装束など小綺麗だったのに
主人公はじめおとなはすっきりしない人ばかり。
兎丸だっていつまで「海賊」のままなのか・・・

まあこれは清盛が力を持っていくにしたがって変わっていくと思いたい。

話としてはいいせりふ、見せる場面が多い、うまい脚本だと思います。
(ナレーターの頼朝と唄はいらんけど)
役者さんたちがはまり役で危なげない。
特に檀れいさんと藤木直人さんはよかった。
二人とも美形ゆえか演技が表面的に見えたけれど、このドラマではそこが生きている(苦笑)


しかし正直主人公なのに清盛がかっこよくない・・

確かに100%主人公礼賛のドラマは見たくないです。
高見にたどり着くまでの道のりは迷い成長しながらいくのがあたりまえ。
そこをじっくり描いてこそ「成功したとき」が輝いてみえる。

とはいえ、始まって3か月
清盛はいつまでも駄々っ子で暴れん坊でグジグジしているだけ。
源義朝は関東での苦労でとても成長しているのに、清盛はいつまでも出自がどうのとこだわりまくり。
「将来すごくなるぞ」という感じが全然しないんです。

「神輿に矢を放つ」回は矢が神輿に当たっても「死ぬことはない(ただの箱・迷信)」ことを宣言する
清盛の見せ場だと思うのですが軽く流れたような・・・
(鳥羽院が見えない矢に当たる場面のはよくわかりませんでした)

もともと戦国時代とちがってやや認知度が低い平安時代末期。
源平合戦は有名だけど、どちらかというといままで源氏寄りの話が多かった。
義経は絵になるし・・
そこに新たな「清盛像」をいうこ意図はわかるけれどやっぱりわかりにくい。

まあ「清盛本」を読んでもはじめのころの清盛は“まきこまれて仕方なく動く”って感じの人でした。
(晩年はいろいろと画策している)
それでも観てる側としてはどこか主人公が光るところを観たいじゃないですか。
たとえそれが「悪だくみ」や「非道」な姿だったとしても。


一昨年の「龍馬伝」と同じような作り方ですが、もともとの主人公の知名度を割り引いても
地味すぎる


私としては目当ての家盛くんが出なくなるので視聴意欲が激下がり
15回にしてフェイドアウトかも・・・
関連記事

コメント - 4

なつ  2012, 05. 18 (Fri) 14:30

narkejpさん

祝辞ありがとうございます。

近頃めっきりブログ投稿できていませんが、みなさんとの出会いをもたらせてくれたブログなので離れられません。

私もほかの方に本を教えてもらうことが多いです。
もうすこし「本の感想」もあげていきたいと思います。

編集 | 返信 |  

narkejp  2012, 05. 13 (Sun) 08:11

五周年おめでとうございます。

テレビをほとんど観てないので、清盛クンに関しては何のコメントもできませんが、五周年おめでとうございます。おもしろい本があったら、また教えてください(^_^)/

編集 | 返信 |  

なつ  2012, 04. 23 (Mon) 11:46

リューザキ弾正さん

昨日の回でやっと「清盛」がやる気をだした(苦笑)
やっぱり「父」の存在は大きすぎたのでしょうか。

映像的に「龍馬伝」の劣化版>

確かに「龍馬伝」のときは初めての試みが当たった感じでした。でも今回はちょっと期待はずれでした。
ここはあえて「平安絵巻」に近い華やかさで押してほしかったかも。
せっかく美しい女優さんも出ているんだし。

あらすじではまだまだ迷い多き清盛のようで・・・

「家盛」亡きあとの私の楽しみは「頼長」の悪顔だけ。
これほど山本耕史さんが悪役が似合う人だとは思いませんでした。


編集 | 返信 |  

リューザキ弾正  2012, 04. 19 (Thu) 18:34

平氏もがんばれ!

確かに汚い。
ネットでは、汚盛と呼ばれております(笑)
役者さん、個々に良い面があるのですが、
アノ演出が・・・

どう見ても、映像的に「龍馬伝」の劣化版のような気がします。脚本的にはこのままで良いので、
演出をどうにかして欲しいです。

清盛、目立ちませんよね。
清盛の周りを描く「新・新・平家物語」としておけばよかったのかも。
この先、大河恒例の、主人公が「鬼になる」瞬間はくるのでしょうか?

鬼にはなっても、騒々しい清盛入道のまま12月を迎えたらどうしよう(^^;)

編集 | 返信 |  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。