上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これを「幕末関連」のカテゴリーに入れるか迷いましたが・・・
ほかの本を検索していて見つけました。
もとは携帯ゲームのキャラクターだそうで、ノベルとしてもでています。
幕末志士の方々が源氏物語を語ってくれるという企画CD
選ばれた志士はイラストの六人(誰やねん?)


幕末志士の恋愛事情 姫こう夜伽 ひかる君の手 ドラマCD幕末志士の恋愛事情 姫こう夜伽 ひかる君の手 ドラマCD
(2012/01/24)
関智一、置鮎龍太郎 他

商品詳細を見る



坂本龍馬・関智一
武市半平太・置鮎龍太郎
岡田以蔵・三木眞一郎
中岡慎太郎・鈴村健一
高杉晋作・関俊彦
桂小五郎・櫻井孝宏
大久保利通・子安武人

三味線を持っているのが高杉、中央が龍馬とはすぐわかりましたが
あとは?
後列で頭をかいているのが岡田以蔵、その左が武市、右の本をひろげているのが桂
龍馬の隣が中岡慎太郎でした。あれっ大久保さんは?
語るのは六人らしいのでどういう役なのか謎です。

いずれも「男前な声」ばかりですが、選ばれた志士に武市・中岡・以蔵が入っているのは「龍馬伝」効果でしょうか。
関連記事

コメント - 2

なつ  2012, 02. 05 (Sun) 21:15

カタリーナさん

コメントありがとうございます。
読んでもらえるのは『源氏物語』の有名な章ばかりなのですね。
ちらっとこのCDを聴かれた幕末ブロガーさんの感想を見ましたが、やっぱり役柄には違和感があるそうです。
私的には高杉の関俊彦さんが「えっ?」という感じでした(聴いてないのになんですが)

おっしゃるとおり「単なる源氏物語CD」として楽しむ(笑)というのもありですね。
そうなると女性の相手役はいらないかも・・(完全にゲームと関係ないCDになるって!)

編集 | 返信 |  

カタリーナ  2012, 02. 03 (Fri) 23:54

ご無沙汰しております

幕末の志士が源氏物語を読むというコンセプト。
このムリヤリっぽいところに乙女ゲームを感じます。(笑
ちらっとググってみたところ、担当の章は、
桂『葵の上』
中岡『六条の御息所』
武市『紫の上』
岡田『空蝉』
晋作『明石の君』
龍馬『朧月夜』
となっているようです。
それぞれがどういうキャラに描かれているのかわかりませんが、
担当の姫君たちが若干違うような気もします。(苦笑
それはさておき、大久保さんは役どころが不明ですが、
子安さんがキャスティングされているのでまとめ役か案内役かなと思いました。
声優さんは、私のイメージとはかなり違いますが、
みなさんよいお声なので、役柄を気にしなければ楽しめそうですね。
それだと単なる源氏物語CDになっちゃいますか。(苦笑

編集 | 返信 |  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。