阪神淡路大震災から17年。

伊丹で行なわれた追悼のつどいのテーマは「結ぶ」でした。

思いは東日本大震災のまちとも結ばれていくのでしょう。


親しい誰かを亡くした心の穴は何年経っても埋まることがないと思います。


残されたひとも亡くなったひともどうか心やすらかでありますように
お祈りしています。
関連記事

コメント 0