調べ物をしていて、ある幕末関連サイトで本日が井上馨(聞多)の誕生日だと知りました。

モンタの紹介文

『長州藩士。通称、井上聞多(いのうえもんた)。
 志士時代は、高杉晋作や久坂玄瑞らと、攘夷運動として過激な行動をとる。
 代表的な活動はイギリス公使館焼き討ち。』


代表活動が公使館焼き討ちって!
モンタはもちろん長州ファイブといsて留学しているし、お金の工面する才能はあるし(笑)
(あっ公使館焼き討ちの時もお金を工面したのはモンタだ!)

維新以降の評判がよくないから書き様がなかったのでしょうか。
幕末の藩の中での功績はあまり公には語られませんからねえ。


同じ年に生まれた人が
坂本龍馬・五代友厚・松平容保・山岡鉄舟・榎本武揚
とそうそうたるメンバー

神が彼らを組み合わせてあの時代を作らせたのかと思うと興奮します。
関連記事

コメント 2

なつ  2012, 01. 17 (Tue) 14:01

リューザキ弾正さん

もうそのイメージがすべてかも(爆)
あとは政商と組んで大もうけしてたとか汚職で新政府から追われてしまいずっと無職だったとか・・・
あまりいい評判ではありません。
そうあの鹿鳴館の提唱者でした。

でもふところの大きな人だったとは思います。
身分の違った伊藤ともつきあってましたし。

幕末太陽傳は伝説の映画ですね。
二谷さんのモンタ見てみたいです。
石原プロさんは「黒部の太陽」も映画館での公開が考えられているとか。

編集 | 返信 |  

リューザキ弾正  2012, 01. 16 (Mon) 20:22

佐幕派ですが・・・

井上聞多と言えば、個人的には君尾との一件が真っ先に浮かびます。
(懐中の君尾プレゼントの手鏡で一命を取り留めたというエピ)
次に、焼き討ちでしょうか?(^^;)
その次に、「長州ファイブ」の早期帰国組とか(^^;;)
(以上が、佐幕派リューザキ弾正のモンタに対するイメージです)

品川では、映画「幕末太陽傳」デジタル修復の映画上映の旗がはためいておりますが、
この映画で、聞多を演じられた二谷英明氏が、7日に鬼籍に入られました。
モンタの誕生月に逝かれたのですね・・・

編集 | 返信 |