初回視聴率がよくなかったという「平清盛」
兵庫県の知事さんもお気きに召さなかったようです。

『8日に始まったNHK大河ドラマ「平清盛」について、日宋貿易の拠点として清盛ゆかりの地である兵庫県の井戸敏三知事は10日の記者会見で、鮮やかさがなく、薄汚れた画面ではチャンネルを回す気にはならないというのが第一印象。観光にも影響が出る」と感想を述べた。(読売新聞)』


この知事さん、T大法学部の秀才なのですが歴史好きではないようです。
もしかしたら過去の大河も観てないのかも。
今年と同じ画面の「龍馬伝」でどれほど長崎や高知が盛り上がったがご存じないのだろうか。
去年のような一般的には批判の多かったであろう「江」でも滋賀ではプッシュしていた。

どこでも大河誘致には努力しているのだから初回から適当な感想をいうのはどうかと思う。

初回の感想を言えば、「去年とはまったく違うなあ」ということ。

「平安時代」だからといって“鮮やかさ”ばかりではない
鮮やかに見える世界の裏でまた外側で汚れた世界があった。

それを避けずに描いたところをよくやったとみるか
ちょっとエグすぎるのではとみるかはむずかしいです。

法皇(伊東四朗)と璋子(檀れい)の場面などNHKにしては直接的でした
(鳥羽上皇があれだけ荒れてるのにだれも止めないのか疑問ですが)

ただ中井貴一(平忠盛)がとてもよかった
舞子(吹石一恵)さんは汚れていても綺麗だったので忠盛でなくても魅かれそう・・
子役の前田旺志朗くんも出自を知る前と後では雰囲気ががらっと変わって名演でした。

盗賊朧月の子兎丸が仇を討つべくたくましく生きていたところも悪くなかった。
(この子役さんは前田兄弟の兄航基)

清盛が法皇の御落胤という設定が批判されているとききます。
私は清盛の「心の闇」としてこれもありかなと思いました。
「血のつながったものから疎まれる」・・・これは戦国武将でもよくある話。
孤独と戦い大成していく・・その過程こそ大河が描ける世界でしょう。

とりあえず初回だけではどうともいえないことが多いですね。
「天地人」も初回~2回はよかったから・・・

なんだかここ数年大河にはいろいろ感じたので疑心暗鬼になってしまいます。

関連記事

コメント 3

リューザキ弾正  2012, 01. 16 (Mon) 20:08

ひさびさの大河ドラマ出現!

ここ数年に懲りておりましたが、
やっと、ひさびさに大河ドラマに逢えた感じです。

ここまで、まあまあの手応えです。
今のクォリティーが維持されることを望むばかりです。
中井貴一さん、吹石一恵さん、伊東四郎さん、素晴らしかったです。

兵庫県知事、何か、誤解なさっているようですね。
大河ドラマは、観光地アピールのためにあるのではなく、
大河ドラマを見て、関連した土地を巡ってみたくなる→結果としての経済効果
・・・なのに。

というか、この件で損をしたのは、兵庫県知事ご自身と兵庫県だと思います。
このあと、大河ドラマ「平清盛」ゆかりの地!と言おうものなら、
「な~にを言いゆう!」(何故土佐弁?)と、全国からツッコミの嵐でしょう(苦笑)

ドラマの方は、これから、もっと様々な人物が出て来るので、とても楽しみです。

編集 | 返信 |  

なつ  2012, 01. 11 (Wed) 10:55

エノカマさん

画面が「龍馬伝」に似て見にくいのはわかりますが
公人の発言としては軽率かなと思います。
「ドラマ館」や清盛隊でさあ盛り上げようとしているときですから。
(最近気持ちをダダ洩れさせる政治家が多い・・・)

私自身よく知らない時代なので「史実」は勉強中です。
だから忠盛はよく清盛を見つけられたなあとか
そういうところにつっこみながら観てます(笑)

編集 | 返信 |  

エノカマ  2012, 01. 11 (Wed) 01:20

知事さん・・・

兵庫県の知事は毎回、信任投票みたいなものなので
ロクに選挙に行っていない僕が言う立場じゃないんですが(苦笑)
1回の放送だけで、こんなことを言うのはいかがなものかと確かに思います!
(新聞記事も例のごとく、都合よく端折ってるでしょうから知事の真意が
別にあるかもしれませんが)
これで文句言って綺麗な画面になったとしたらで
逆に制作陣の信念の無さが伝わって、視聴者の信頼を無くすことになるのに。

いろんな方の寸評は見ましたが、それなりに制作側の意図ってのは
僕も伝わってきたので(どの説を取るとか解釈うんぬんは、人それぞれと思うので)
また今後も期待して行きたいです!

貴一さんとまえだまえだ君はよかったですね~

編集 | 返信 |