今年の大河ドラマは早々に見切りをつけ、BSプレミアム「テンペスト」も脱落しました。
で、来年の大河ドラマ「平清盛」に備えて2冊本を読みました

平清盛―時代を切り拓いた武家の棟梁 (PHP文庫)

新星 平清盛 (平家物語)
先にPHP文庫を読みましたが登場人物が多すぎる!

おおまかには「平氏」「源氏」「摂関家(藤原)」「宮家(天皇)」
に分類されるようで折々で利害関係が変わるんですね。


大河のほうのメインは平清盛(松山ケンイチ)と源義朝(玉木宏)でしょうか。
そこに父親が大きく影響してくるし、どの天皇に組するかでも状況は変わる・・

天皇家の系統は〇仁という名前が今上、院、上皇とかどんどんうつるし
その正室や側室も〇子から〇門院となったり・・・うーんこれ誰やねんとメモ見まくりでした。


大きな流れとか因縁とかは「新星平清盛」のほうがよくわかりました。
森村誠一版の平家物語で「第1巻」となっているけど続巻はでていないようです。
(内容は平治の乱まで)


大河ドラマはどこまでえがくのでしょうか。
幼少期(父忠盛の時代)から臨終までなのか?

二冊とも「人間清盛」はよくわからなかったです。
悪そうな感じなら藤原頼長(山本耕史)とか信西(阿部サダヲ)のほうが策略家のように感じました。
二人とも頭脳優秀だけど「力」がなかったので最後は消えるんだなあ。

現在発表されている配役以外にもキーポイントとなる人物がたくさんいるので(清盛の息子重盛とか)
そこが楽しみです。

この時代はまだまだ未知の世界。
ゆっくり調べて行きたい。
でもいまから読んでいたら忘れてしまいそう・・・(苦笑)
関連記事

「歴史ドラマの大ウソ」大野敏明

八月が終わる・・・

comment iconコメント ( 2 )

リューザキ弾正さん

ほんと遅い返信ですみませんっ(>_<)

クミコセンセは無事脱稿されていまごろのんびりされていることでしょう
大河脚本家なのに「ディープピ-プル」に呼ばれてませんでした(苦笑)
でもセットを確認して部屋の距離感とかを脚本に生かすという方もいて、
やっぱりドラマを書くって大変なんだと思いました。

平家滅亡までするのですね!
登場人物が多くて、どう動かしていくんだろうと期待と不安が半々です。
弟・家盛との仲も作家さんの見方で変わりそうですし。

とりあえず、耕史クンと阿部サダヲさんが、それぞれ墜ちて行く様は、見ごたえがあると期待しております!>

なるほど!ただの策略家で終わりそうにない配役ですね。
残りの配役も楽しみです




名前: なつ [Edit] 2011-10-10 08:04

お久しぶりです!

同じく、今年のシエは見ておらずに、
テンペストに期待して、がっかりした組です。。

大森寿美男さん脚本というので、期待大だったのですけどね(涙)
きっと、クミコという妹がいて、彼女がゴーストライターとなっているのでしょう(爆)

田渕久美子ゴーストライター・スキャンダルをご存知なかったら、ゴメンナサイ!

もはや、関心は、大河ドラマ「平清盛」です。

時代は清盛の祖父・正盛&後白河法皇の祖父・白河院の時代から、壇ノ浦での平家滅亡までのようです。

盛盛院院~♪、とちびっ子がダンスしそうですが(爆)

複雑な人間関係も、ドラマとして、効果的に描写出来ているか、楽しみです。

とりあえず、耕史クンと阿部サダヲさんが、それぞれ墜ちて行く様は、見ごたえがあると期待しております!

名前: リューザキ弾正 [Edit] 2011-09-10 08:28

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)