上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なでしこジャパンの活躍
本当に素晴らしかったです。

多くの人が心を動かされた瞬間でした。
どんな言葉よりどんな物より日本人を励ましたと思います。

震災後あれこれ行なわれるイベントや被災地訪問に対して感想を聞かれた人が「勇気をもらいました」と答える姿を見てきました。
私はそういう言葉がすこしうそ臭いというか大袈裟ではないかと感じてました。

でも今回は本当にみんなの気持ちを「幸せ」にしたなあと思います。

チームの皆さんは帰国後のフィバーに浮かれることなく次を見すえておられるようで
これも気持ちいい。

「自分たちが勝てば(メダルをとれば)女子サッカー全体の向上につながる」

男子にくらべて環境が厳しい女子サッカーを続ける彼女たちの志は大きい。


あるブロガーさんの一文

「私のため」がカッコいい時代は、終わりました。

正確に言うと、そんな時代は一瞬しかありませんでした。
かつては「私のため」に頑張る人こそが「世界レベルで活躍できる人」だという、とんでもない幻想がありました
~「誰かのため、何かのため」に精一杯生きている人を、どうして今描かないのでし
ょうか


「誰かのため、何かのため」に精一杯生きている人
私も今求められているのはそういう姿なのだと思います。

某アイドルグループの「総選挙」と呼ばれるイベントでも
1位と2位の方は自分のことでなくグループのことをひたすら考えてきたことがわかるコメントでした。

あるライターさんも結果について
「ファンはその子がどれほどこのグループに全力を傾けているかを見ている。だからソロ活動にシフトしたIさんは順位が下がった」
と書いており納得したものです。


なでしこジャパン(女子サッカー)も、某グループも一時的なフィバーかもしれない。
でも彼女たちは真剣に生きていて、その姿を見ているわたしたちがどうあれ
これからも信じた道を進んでいくと思います。


関連記事

コメント - 2

なつ  2011, 07. 31 (Sun) 11:10

リューザキ弾正さん

返信が遅くなってすみません。

なでしこリーグの応援や支援が本当に末永く続いてほしいものです。
本当に大事に思ってきた人はいまはあえて近づかない気もしますが・・非常識なツィッター学生とかもいたようで悲しいことです。

世界水泳の寺川さんの銀メダルは金でなくても
よかったねと拍手をおくりたいよい笑顔でした。

編集 | 返信 |  

リューザキ弾正  2011, 07. 24 (Sun) 09:20

「元気が出た」「勇気をもらった」「明るい気持ちになれた」
これらの言葉が本当に自分で実感することが出来た、
なでしこジャパンの優勝でした。

今日から、なでしこリーグも始まるそうですが、人気や強化策提案が一時的なものにならずに、
末永く応援&支援したいものですね。

編集 | 返信 |  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。