ふか~い話を考える気分ではないのでテレビドラマのことなど書き連ねます。
(ほんとうに雑談です)
よく話題になる視聴率ですが、あれは当然首都圏におけるものですね。
関西地区(ってどこ?・笑)では違うことも多いです。

さて、5月23日から29日のビデオリサーチでは第一位は「JIN~仁」でした。


②秘密のケンミンSHOW  ③ホンマでっか!?TV ④たかじんのそこまで言って委員会
⑤サザエさん        ⑥江~女たちの戦国   ⑦探偵!ナイトスクープ
⑧29日20時45分ニュース気象情報   ⑨サンデーモーニング  ⑩世界の果てまでイッテQ!

(たぶん④と⑦は関西ローカル)

「JIN~仁」は本当によくできたドラマですね。
原作をどれくらいベースにしているのかな?
いいせりふが多く、それを演じる役者さんたちもうまい。
役者さんたちにとって出演できればそれだけでうれしい作品なのではないでしょうか。
(昨年の大河もある意味そういう作品だったように思います)

俳優さんで「納得できる作品だけでる」とされている方もいます。
それはそれで一本筋が通った生き方ですが、本来「演じる」ことをなりわいにするなら
「望まれればどんな役でも」やるべきなのではないでしょうか。

まあファンがみても「あれはやめておいたほうがよかったんじゃ・・」と思うものもあるでしょうが。
(GOとかtenとか・・爆)

第6話の馬関戦争における龍馬と宗方仁の考え方の違い。
それはその時代に生きるものとと現代人との違いでした。
「龍馬はグラバーの手先で単なる武器商人」とする意見も読んだことがある(苦笑)ので
この時点で輸入武器の威力に満足する龍馬もありだと思います。

そこらあたりも逃げずに描いていてよかった・・・(やがて龍馬は考えを修正していくよう)


あんなりりしい桂さんは初めて見ました!

最近「花神」の総集編(時代劇チャンネル)で米倉斉加年氏の桂さんを見たばかりだったので
余計に思いました。
「花神」はいまから30年前の作品。
高杉晋作(中村雅俊)が主役大村益次郎より出張ってます(笑・総集編だから余計そうなのか)
オトコマエすぎる松陰先生(篠田三郎)とかすごくそれらしい伊藤俊輔(尾藤イサオ)とか
見所満載です。
秋吉久美子さんのおうのがいい!
晋作は可愛い正妻(岡江久美子)を「女は志に邪魔」とかつれなくしつつも、おうのには甘えていく
イギリス公邸焼き討ちとか長州ファイブとかとばさず描いているめずらしいドラマですね。
(これっきり長州は大河の舞台から消えます・・涙)

でもいまだから余裕で見られるけれど当時今の知識があれば結構つっこみ入れているかも?
まあ今年の大河ととりかえてくれても文句はいいません(爆)



※この春もドラマは不調のようでベスト20のうちドラマは上記2作以外は
「BOSS」と「朝ドラ・おひさま」「土曜ワイド劇場」のみ。
BSは視聴率が出ないんですかね?
関連記事

コメント 2

なつ  2011, 06. 13 (Mon) 16:04

narkejpさん

コメントありがとうございます
1週間にただ一本として選んでいいドラマですね「JIN~仁」は。

まあ手術シーンとかあまりにリアルすぎてちょっと目をそらしてしまいますが・・・
せりふひとつ飛ばしては見られない感じです。

いよいよラストへ向かうようです。
映画に続くとかにしないで「テレビドラマ」として取り組んだTBSさんに拍手です。

(返信が遅れてすみません)

編集 | 返信 |  

narkejp  2011, 06. 05 (Sun) 11:20

JIN

「JIN~仁」おもしろいですね~。当方、1週間にただ一本、これだけは観ています。あとはテレビはたまにニュースを見る程度(^o^;)>poripori
ほとんど仙人のような生活です。霞を食って生きてます(^o^)/

編集 | 返信 |