演劇ユニットAxle「七味のサムライ」@芸術創造館
2011/05/22(Sun)
今回は公演ではなく「アクサライブ」として行われました
新加入、西村大輔くん、飯泉学くんのお披露目でした。
(興味のある方はお読みください・ネタバレありです)
千秋楽挨拶として
「こういう時期だからとにかく限界まで汗をかいて、一生懸命動いてるところをみてもらって
 少しでも元気をだしてもらえたらうれしい・・」
という意味のことを言われてました。

実験的な舞台とも言われていました。

ダンスや殺陣はあいかわらずすごいチームだけど
今回は替え歌は歌うは、リコーダー演奏はあるはなんでもありという感じでした。

私の並びではすごく笑っていたし総じてにこにこしてみていたので
みんな楽しめたんだろうなあと思います。

私的には真ん中がちょっとダレた感じ。
唐辛子(カニオ)と青海苔(ノリコ)のところまでは許せたんだけど
山椒、カナビス、白胡麻のくだりがうるさく、しつこく思えた。

どのパートも懸命にやっていることは認めるしよく考えられた設定だった。
(ちょっと適当で強引なところもあったけど・笑)

なんなんだろう・・
カニオとノリコ以外は演技力が発揮されていないような・・・
ふたりの恋物語を中心に据えておふざけ少なめでやればもっとよかったんじゃないかな
七味のサムライなのに8人いる!というところまではうまいと思えたのに・・・

そのあたりは私の求めていたものと製作者の意図がくい違っていただけなのかもしれない。

他のファンの方の感想をききたいところです。


・柄谷古川コンビはすごいなあ。

・古川さんはダンスもしなやかですごかった

・昼には梅林さんが来ていたようだが、飯泉くんは梅林さんに重なる
 いつかピスメやってくれないかな

・武原さんの楽の挨拶、とてもよかった
 あの体格を生かした役がもっとくればいいのに

・リコーダーで「会いたい」が吹けるとは!

・最後の和踊り・・激しくて大変そう・・(最初から汗だくの人もいたけど)

・社交ダンスシーン・・前にもなにかの舞台でみたような(WA?)

・OPとEDの音楽とダンス素敵だった
 アクサルの舞台はいつもこんな風に始まって終わる

・役名の出し方・・アクサルらしい、RAINBOWで最初見たとき衝撃だったなあ

・入谷さんって二つの舞台しか共演してない(私はピスメしか見ていない)のに
 すごく身近な人の気がする。

・回転裁判の柄谷さんとの共演場面が好きだ

・これは「大阪」でこそ受けるが東京はどうだろう?


・このアクサライブが初めてのアクサルって人がいるのか?
 9割くらいは過去の公演みているんじゃないかな。
 
・だとしたらもう少し過去公演の再現とかもありだった気がする
 (個人的願望)

・チャリティくじ写真・・魔物が住んでいる(笑)
 5枚のうち4枚古川さんとか、5枚の内4枚照人さんとかなんなんだ! 


※※※

ダンスシーンとか見ながら、他のことばかり考えていたかも
レギュラーを離れた加藤さんや田渕くんのこととか浮かんでいた。

Rの加藤さんにひかれてアクサルに通うようになった私としては
これからアクサルを観ていくのか微妙なところ。
お気に入りの田渕くんまでやめるとは・・・

今日も田渕くんは舞台があった。
同じ日にしなくてもいいのに。

いままでも離れていくのは突然で公式ブログに本人のあいさつがのることもまれ。
他のメンバーもなにも言わない、書かない。

けっこうファンを無視しているよね

「いろいろな事情」はわかるけど
出てないなあと思ったら公演のあと離脱発表とか
いつもそうだから。


ファンだって「事情」をどうこう言いたいわけじゃない
ただ心のケジメを付けさせて欲しい。

「ふたりは離れても自分達同様に応援して欲しい。残ったものも今まで以上にがんばる」
そう舞台でひとこと言ってくれたら納得できるのに。


関連記事
この記事のURL | 映画・舞台 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<バラの香り | メイン | BS版新選組血風録>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://naturalreload.blog77.fc2.com/tb.php/509-15ea9775

| メイン |