被災地に残った桜の木に花が咲いた映像を見た。

鳥が枝に止まっていた。

鳥たちはあのときどこのいたのだろう?

いちはやく山へ ビルの上へ 高い木へと飛び去っていったのだろうか


人に翼があれば

知らせることができた

見つけることができた

運ぶことができた

だがそれはかなわぬこと


せめて心に翼をつけて青空へと飛ばそう

ここにつながる遠いまちに思いが届きますように

春のひざしようなあたたかい気持ちが広がりますように







関連記事

OSK日本歌劇団「春のおどり」@大阪松竹座

愛と勇気だけがともだちさ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)