東日本大震災の被害は想像以上のものとなりました
関東の電力不足も生活に大きな影響を与えているようです。

関西では「節電協力のチェーンメール」が出回りました。
実際私も受け取りました。

以下新聞抜粋の中味~

同メールは、「関西電力で働いている友達からのお願いなのですが」で始まり、「本日18時以降関東の電気の備蓄が底をつくらしく、中部電力や関西電力からも送電を行うらしいです」と続く。
その後、「一人が少しの節電をするだけで、関東の方の携帯が充電出来て情報を得たり、病院にいる方が医療機器を使えるようになる」などと書かれており、最後に「このメールをできるだけ多くの方に送信をお願い致します」と訴えている

善意系のメールでしたが私は止めました。(関西電力に確認まではしていない)
娘の友人は3人から届いたらしい・・・

災害を遊びに使うのは許せないです。


被災地の方は、食料を買うのに何時間も並んで待っていても「もっと辛い環境の方がいるので文句はいえません」といい
家や全て失った方ですら『命が助かっただけでもありがたい』とおっしゃる。

そういうことを言わせてしまう天災とはなんなんだ・・と無力さを感じます

繰り返される報道に関西ではみんな心にざわざわした気持ち
いたたまれない気分が渦巻いています。

笑ってはいけないのかな?
こんなにのほほんと普通に暮らしていていいのかな?
なにかできないのかな?
でももうつらい場面はもう見たくない・・
ぶしつけなインタビューなど聞きたくない

そんな気持ち・・・

昨日の朝CMを見たとき正直少しほっとしてしまいました。
(まだAC広告機構のものが多いけれど)
関連記事

コメント 0