寒中お見舞い申し上げます
2011/01/08(Sat)
新年早々、更新ができなくてすみません。

わが家のパソコンは使いすぎないようにリビングに置いてあります。
私はまわりが静かでないと文章が書けないので
必然的に家族が長期休暇に入るとブログが書けない!

と、さっそく言い訳でした(笑)

こんな感じですが今年もよろしくおつきあいください。


以下、年賀のコメントを戴きました方への返信です・・・
☆Aki_1031 さま

年賀のご挨拶ありがとうございました。
こちらこそよろしくお願い申し上げます。

「龍馬伝第3部」で伊勢谷晋作に会って以来、長州&幕末熱が再燃しました!
高杉に関する本を読み直すとか、まわりの長州人の小説を読むとか
図書館で借りる本は幕末モノオンリーに。
年末とうとう「月刊高杉晋作(総集編)」と「醒めた炎(古書)」を購入してしまいました!!

いまは古川薫氏の「高杉晋作」を読んでます。


☆narkejpさま

ご無沙汰しております。
本年もよろしくお願い申し上げます。


佐々木玲圓先生の殉死でずっこけて『居眠り磐音』シリーズをリタイヤしたのは私も同じです(苦笑)
主人は「居眠り磐音シリーズ」から読み始め、佐伯氏の全タイトルを読破しています・・・
本箱が佐伯氏一色です。私は「磐音」以外は「鎌倉河岸シリーズ」しか読んでませんが。
「仁」はいいドラマでしたね。
原作とはちがうところもあるそうですが、ドラマはドラマで言いと思える作品でした。


☆リューザキ弾正 さま

体調のほう戻られましたでしょうか。
まだまだ寒さはこれからどうかご自愛ください。

大河ドラマ50の特番で過去の「謙信と信玄」の名場面を見てやっぱり男のドラマはかっこいいなあと思ったものです。(1位は義経でしたが)
今年もよろしくお願い申し上げます。


☆カタリーナさま

年賀のご挨拶ありがとうございました。
こちらこそよろしくお願い申し上げます。

今年は大河が戦国ですが「女たち」のサブタイトルなのであまり興味がわきません(涙)
でもアノ「天地人」でも得るところはあった(爆)のでいちおう初回は見るかもです(笑)
「仁」は謎の最終回だったので見事な完結を望みます。


☆天 音さま

こちらこそ訪問いただいてありがとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。
磐音シリーズは停滞中なのですが新刊は必ず購入していますので
幕末熱が落ち着いてきたら読み直そうと思っています。


関連記事
この記事のURL | 雑記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<桂小五郎と近藤勇 | メイン | 謹賀新年>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://naturalreload.blog77.fc2.com/tb.php/481-4d1ad456

| メイン |