ドラマ新選組血風録
2007/08/22(Wed)
1965年~1966年に放送されたドラマ「新選組血風録」は今でも新選組のドラマの傑作といわれているそうです。
ケーブルテレビ時代劇チャンネルで放送されていたの見てみました。
(24話風去りぬ・25話流山・最終話燃える命)

このドラマはモノクロ放送です。

土方歳三役・栗塚旭は1937年生まれの当時28歳
沖田総司役・島田順司1938年生まれのひとつ違いの27歳
近藤勇役・舟橋元1931年生まれの34歳

調べてみるとなんと、大河同様皆さんお若い!
もっと年上だと思ってました・・(苦笑)
栗塚さんと島田さんは実際ひとつしか違わないのに、栗塚さんは土方らしく貫禄があり、島田さんは儚い沖田が似合ってました。

さすが三人とも当たり役と言われているだけあります。

ドラマのオープニングは主題歌と共に写真付きで配役が出て始まります。


「新選組の旗は行く」(歌・春日八郎)

花の吹雪か 血の雨か 白刃に散るは何
誠一字にいのちを賭けて新選組は剣をとる
明日はこの身が散らば散れ 
燃えるいのちに悔いはない
月に雄たけび血刀かざし
新選組の旗は行く

栗塚さんはナレーターも兼ねているのですが、これは予算がなかったためだそうです。当時はアフレコ(撮影した映像にあとで声をつける)だったのでついでに?語っていたのでした。(時代劇チャンネルHPより)
とても渋い声で、これが「鬼の土方歳三」を作っていると言っていいでしょう。
島田沖田は色白で笑うと少し乱食いの歯並びが可愛いです。
今は「はぐれ刑事純情派」の課長さんですが、当時はアイドル並に人気があったと思いますね。

「24話風去りぬ」は沖田の最期の回でした。
隊士たちが入れ替わり立ち代り沖田のところに見舞いにきます。
誰にでもにこにこと受け答えする総司。
誰もが「じゃあまた。早く元気になれよ」と言って去るのです。
姉も去り、最後に来たのは土方です。
官軍の支配となった江戸から流山に武器を送りいよいよ離れるときでした。
総司は泣きません。土方でさえ目を潤ませていたのに。土方の姿が見えなくなると静かに部屋に入り障子をしめて終わります。

「25話流山」は土方の姉のところに官軍が来て歳三たちの行方を問い詰めるところから始まります。近藤は日野の若者たちはじめ農家出身の若い命を砲弾にさらすのをためらい、官軍からの呼び出しにひとり向かうことを決めます。近藤は自分の素性がばれていることを承知していました。
ここでの土方との別れは熱演です。
近藤の妻から手縫いの着物が届きそれを着て官軍の陣に向かいます。
俺がここを出たら全軍解散するように言い残して。
ここで近藤は江戸に残した沖田に思いをはせます。「総司!」空に向かって呼べば、江戸の沖田が聞こえるはずのない声で起き上がるのです。
「近藤さんが呼んでいる」と必死で庭へ這い出てきます。
泣けるシーンでした。
でも後を追った土方が「こんどうっ」って叫ぶのは違和感が・・・
沖田総司のときもそうでしたが、近藤の斬首のシーンはありません。

「最終話生命燃える」は土方歳三が箱館にいます。
嵐で軍艦を失い、新政府の北征軍は箱館湾に迫ってきます。
勝ち目がないことは土方が一番良く知っているのでした。
このドラマでは最後までついてきていた斉藤一をここで逃します。
(のちに土方の実家を訪ねる設定)
箱館の遊郭に京都からきた女がいると隊士たちが話していたことを思い出し、身分を隠し訪ねる土方。身の上話を聞けば女(森光子)は「土方歳三」を討つために箱館に来たと言います。大切な人を殺されたのだと。女の大切な人とは山南敬介でした。その場では名を明かさず去ります。
うなされて明け方目をさました土方は部屋に沖田の幻をみます。
土方は嬉しそうに語りかけます。

  俺のことをわかってくれたのはお前だけかもしれない

何か話してくれと叫んでも総司は笑顔をみせるだけです。
部下の呼ぶ声に我にかえると手の中には「誠の旗」が・・・
土方は馬を用意させ前線へひとり視察に向かいます。その途中遊郭を訪ね女に身分を明かすのでした。

 お前に討たれるまでもない。俺の命が燃え尽きるときがきたのだ。
 お前がどう思おうと、世間がどう思おうと日本中がどう思おうと
 後世の歴史がどう思おうと俺に人生に悔いはない


いいせりふでした。
最後に五稜郭の主要幹部は後に新政府の要職についたこと、命を落としたのは土方歳三だけだったことが字幕で述べられて終わりました。

DVDでも復刻されているというこの作品
セットや画像は荒いのに、ひきこまれていく魅力がありました。

ドラマの中で土方歳三が亡くなって十年経っても、実家にいいがかりをつけにやってくる人がいると語られます。
家族や関係者は新政府のもとで肩身のせまい思いを続けたのですね。
遺品や遺筆が残っていることが奇跡のように思えました。


関連記事
この記事のURL | 新選組関連 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<NHK木曜時代劇「陽炎の辻」 4 | メイン | 雑談/みんなつながっている>>
コメント
-  -
新選組は初心者です(笑)
大河も見てませんし・・

リンクの件ありがとうございます。
いろいろな方から情報や感想をきかせてもらってます。
これからよろしくお願いします。
2007/08/23 13:05  | URL | なつ #-[ 編集]
-  -
こちらでは初めまして!

ウチのブログにコメント下さり、有難うございました。
栗塚さん達って、当時そんなにお若かったんですね~
私も、なつさん同様、もっと年上に思ってました。
ホントに「新選組!」のメンツと年齢、変わらなかったんですね。

なつさんのブログ拝見させて頂いてましたら、ウチのブログをリンクして頂いてるのを発見しました。
とっても嬉しいです!
ウチでも是非、リンクさせて下さい!
では又、来させて頂きます。
2007/08/23 10:02  | URL | あさぎ #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://naturalreload.blog77.fc2.com/tb.php/48-674c2fb7

| メイン |