上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
慶応3年12月9日の今日 「王政復古の大号令」が発せられました

早朝、岩倉具視ら倒幕派公卿、薩摩、土佐、福井、芸州、尾張の代表が御所に集まり、
諸藩の兵約3000人により御所の9つの門を全て封鎖。反対派を完全に排除したうえでのことでした。

陰謀に近いクーデター・・・まるで長州を都より締め出したときのようです。

従来の摂政・関白等の官職・将軍職・京都守護職等の幕府体制が廃止され
新たに「総裁」「議定」「参与」という三職が設けられることに決定。
これにより新政府が発足しました。

岩倉具視は「摂関制度」を薩摩は「幕府」を壊すために手を組んだ・・・

その夜行なわれた小御所会議でごねる山内容堂に対し
西郷が「短剣一本あれば片付く」と言ったというのはどうやら伝説らしい。

先月からケーブルテレビで大河ドラマ「徳川慶喜」をやっています。
こういう場面もでてくるのでしょうか・・


関連記事

コメント - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。