傾いた本棚

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

本棚を見るとその人のことがわかるとか・・・

大河ドラマ「龍馬伝」 最終回 

「龍の魂」


すべてがフクヤマ龍馬のために始まり、フクヤマ龍馬のために終わった。

それが今年の大河ドラマだったと思います。
最終回、75分は短く感じました。
近江屋の場面。
すごく唐突に始まった気がしましたね。
「中岡慎太郎の家内」って誰が雇ったのか・・・
一階の家族はどうなったのか気になったのですが描写がなくてほっとしたり・・・

龍馬の背中側からの撮影、うまいなと思いました。
血みどろの龍馬はやはり悲しくてあまり見たくないです。

お龍の海のシーン、最初の武市らとの夢のシーン
美しく広がる海は龍馬にふさわしい。
龍馬の心はいつもその海の向こうにあったから。


この回で余計かなと感じたのは弥太郎と見廻組との遭遇。
特に2回目は殺されているはず。
1回目で龍馬が狙われているとあそこまでわかったなら、早く知らせればよかったのでは?

龍馬の所在がわかったのは弥太郎の大声のせいなのかと思ったり・・
(弥太郎が訪ねたあとも探していたけど)
中岡慎太郎と新選組との遭遇もとってつけたようだった。
あいかわらず近藤・土方・沖田揃って巡回だし。
二人の対決を見ている見廻り組の面々、不気味でした。
やはり彼らは中岡をつけていたのか?

あいかわらず「大声のせりふ」が耳に痛い。
どなっているか土下座しているか・・・
どちらも安易に出しすぎ。

目だけで芝居できる役者さんも多く出ていた龍馬伝
その話の唐突さからいきなりのテンションマックス芝居を強いられて残念でした。
「弥太郎」も近江屋の狭い部屋(それも隠れ家)であれほど大騒ぎさせなくても「龍馬」への感情を演じられたはず。


オープニング映像をやめて静かにエンディングをしめくくりましたね。

あれほど「黒幕」を匂わせながらそれはカットして実行犯のみで終わるし(苦笑)

弥太郎の最期まで描くとは思わなかった(実際壮絶な闘病生活だったらしい・胃がん)


出演者&関係者のみなさんお疲れ様でした。
昨年とは違いやりきった感がみえる作品でした。


※「江~女たちの戦国」
今は前へ前へ進むのみにございます!
女の道は一本道にございますに聞こえました(笑)

どうして女性脚本家だから「女性視点」で書かなくてはいけないのか?
戦国時代に「おんな」はいらん(暴論)


※龍馬が近江屋で盃を並べて友の名を呼んでいくシーン
2年前に見た舞台で同じような演出がありました

舞台の最後(武市や以蔵が亡くなったあと)寺田屋で、店にあるだけの盃を床に置き
「これが武市、これが以蔵・・・容堂さんに、慶喜さん、天子さま・・・こうやってみんなで乾杯したら敵も味方もないぜよ」
と酒を注ぎながら笑う場面。

ふと思いだしました。
ちなみに作品は劇団ファントマ「イエス斬り捨て」岡田以蔵が主役のお芝居でした。
関連記事

カテゴリ: 大河ドラマ

テーマ: 龍馬伝

ジャンル: テレビ・ラジオ

[edit]

cm / 6   tb / 0   - page top -

« 龍馬伝のこと  |  大河ドラマ 「龍馬伝」第47回 »

コメント

リューザキ弾正さん

配役表記ミスは製作陣の緩みだと思います。>

最後の最後の大事なところでやってしまいましたね。
今年の大河は「フクヤマ龍馬」みこしを担いで
練り歩くように騒ぎまくったというイメージでした。
大きな声をあげまくり
ちから水を降らせまくり(笑)

窓あけっぱなしで寝るから風邪引くんだ・・

2010.12.01 20:28
URL | なつ #- | edit

椎名ひろきさん

コメントありがとうございます。
私も生で見たので「テロップ」には驚きました。
NHKだから仕方ないとは思ったものの
雰囲気を壊したのは確かですね。
特に録画して保存しておきたい人にあれは酷でした・・・

「福山」は新幹線の駅で降りただけなのですが、ホームからでも海がとてもきれいでした。

2010.12.01 08:20
URL | なつ #- | edit

暗殺シーン自体は良かったと思いますが、
斬る人も斬られる側もその過程も、描き足らずの印象でした。
選挙テロップは製作陣のせいではありませんが、
配役表記ミスは製作陣の緩みだと思います。
(伊藤俊輔&井上聞多の表記が逆になってます。土曜日までに直すかな。。汗)

雨か砂埃。怒鳴るか土下座。善か悪。
薄い二元論に終始したドラマだったと思います。

雨が降っていても、窓は開ける(笑)
脚本だけでなく、演出の拙さ(独り善がり)も、罪だったと思います。

2010.11.30 21:08
URL | リューザキ弾正 #7C/zVFSk | edit

はじめまして
あまり見てないものが通ります、ストーリーのテンポが良かったと思います、しかし最後の最後でテロップを流すやらかし行為とは…
問い合わせに再放送って、土曜の昼だっツーの
地元福山では、ポニョ以来2年ぶりに活気があった年でした

2010.11.30 17:30
URL | 椎名ひろき #- | edit

Aki_1031 さん

コメントありがとうございます。
ええ「幕末」にも「おんな」はいりません(爆)
アニメ「薄桜鬼」を見るたび、千鶴はいらんのになあって(笑)・・・
すくなくとも「鬼」からめなくてもいい話になりそう。
(それじゃ既存のゲームか)

来年は予告からメゲたのでたぶん無理かと思います。
でも大河をきっかけに「講演」や「特別展」があると思うと楽しみです。

2010.11.30 13:45
URL | なつ #- | edit

連投失礼します!

>戦国時代に「おんな」はいらん
あはは~♪
それ、そのままそっくり「戦国時代」→「幕末」に
置き換えても、十分通用すると思います(爆)。
来年の姫大河は…たぶん観続けられません(泣笑)。

2010.11.29 21:46
URL | Aki_1031 #IPctb5GI | edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://naturalreload.blog77.fc2.com/tb.php/473-2fa95d84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

FC2カウンター

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ブログ内検索