傾いた本棚

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

本棚を見るとその人のことがわかるとか・・・

大河ドラマ「龍馬伝」 第39回 

[馬関の奇跡」


北原 亞以子の「歳三からの伝言」の中にこういう文章があります


瀕死の重傷を負った八郎を見舞う土方

「歳さんは弾がよけて通るのかなあ」
「なに、お前のところには、雌の砲弾が飛んでいったのさ」


今回、高杉晋作には弾がよけて通ってました・・雄の弾丸だったのか(爆)
龍馬伝紀行で火の山から海戦の様子を描いた手紙を紹介してました。
あれを描けたということは、船に乗って戦いに参加してなかったのでは?

亀山社中の操船技術は認めるとして、あのあたりの潮の具合とかはやはり長州人(漁師とか島育ちとか)のほうがくわしそう。
実際小倉沖の幕府艦隊富士山丸には潮の流れを利用してゲリラ攻撃してますし。



作戦会議まで参加してあいかわらずのなんでも「龍馬のおかげ」が見苦しい。

歴戦のつわものもたくさんいる、もちろん軍神高杉晋作がいる

なのになぜみんな龍馬のいうことをきくのか??
弥太郎が怒るのもわかります。

グラバーも大浦慶も【薩摩の後ろ盾のある亀山社中】を信用(利用)しているのであって【龍馬】にこだわっているわけじゃないと思います。
バックに【藩】がついているほうが確かな気がするけど・・

グラバーのいう「坂本さんを罪人としている土佐藩は信用できない」うーんこれもよくわからん

土佐藩ってそんなに信用がなかったのか。



龍馬をかばうお元より弥太郎の言葉が正しく聞こえる(そうだ龍馬のいうことはきれいごとだ)し

「戦いをやめよう」とまた言い出した龍馬より木戸の言葉が納得できる。

晋作が龍馬寄りになっているのはなぜなんだ・・・これがソウルメイト?

高杉は「おもしろく生きる」を連発しすぎる。

戦場で着流し、三味線・・・ありえない!・・ありえないけど
映像的には伊勢谷晋作のオーラがよく出ていました。
弦をつまびいて唄う晋作(もう少し聞きたかった)

わしとおまえは焼山かずら うらは切れても根は切れぬ

これって功山寺挙兵の折参加を見合わせていた奇兵隊の山縣に贈ったとされる歌ではないでしょうか
「わしとお前は心の元では繋がっているから今からでも参加せいや」とうながしている。
結局山縣は頭をまるめて合流するんですが(苦笑)
(もちろん普通は甘い小唄です)

藩主の前ではさすがに紋付羽織袴の晋作でした。

小倉藩は簡単に降伏しているようでしたが、本当はとても勇敢だったのです。
長州同様、自分達の領地を守る戦いだったのですから。
悪いのは幕府軍で援護しなかった・・・
小倉の激戦地赤坂に「長州奇兵隊戦死墓」があるのを見ても藩の志がわかろうというもの。

馬関の奇跡とは多勢の幕府軍を長州藩の領地に入れさせなかったということではなく
「大政奉還」が起きる奇跡だったのですね(涙)

木戸は武力討伐を望んでいるようになっていたけど、この段階ではまだ幕府に「勝っていない」
停戦交渉や藩主の名誉回復、藩内の基盤を整えたのち京へのぼりそこでやっと薩摩と肩を並べられる。

高杉晋作はその未来を見ることなく逝くことになります(泣)


※民衆の作った狂句としてこういうものがあったそうです。

 「征伐は 去年尾張と思いしに また井伊だして 紀伊の馬鹿山」

 (第1次征長総督は尾張藩前藩主・徳川慶勝 第2次征長の芸州口の戦いの先鋒・彦根藩の井伊氏
 征長先鋒総督・紀州藩主・徳川茂承)
関連記事

カテゴリ: 大河ドラマ

テーマ: 龍馬伝

ジャンル: テレビ・ラジオ

[edit]

cm / 6   tb / 0   - page top -

« 海猿と龍馬伝  |  OSK日本歌劇団 「総司恋歌 沖田総司の青春」@ABCホール »

コメント

くろねこさん>

はじめまして。
コメントありがとうございます。
史実にうまく創作をからめてくれるといいんですが、創作ばかりなので・・・(涙)

私もまだまだわからないことばかりで勉強になるかどうかわかりませんが、よろしければお立ち寄りください。

2010.09.29 12:09
URL | なつ #- | edit

はじめまして!
大河では史実を期待していただけに・・
毎度--びっくらです---(涙)
もう、こちらで勉強させていただきます!!今後ともよろしくです♪

2010.09.28 22:36
URL | くろねこ #9ddgPdqs | edit

Aki1031さん>

なるほど、イバハチさんは弾にまで愛されちゃんたんですね。

いまの私は長州ブーム再燃で(笑)佐幕派のほうはご無沙汰ですが、落ち着いたら新選組本の読み返しとかイバハチ本に手を出そうと思ってます。


2010.09.28 08:22
URL | なつ #- | edit

リューザキ弾正さん>

股引姿はたしかに哀しかった(泣)
亀山社中は揃いの上着を着ていたのに・・
高杉は相当悪かったんじゃないでしょうか。
病床で作戦会議をしたとの話もありましたし。

山縣や村田蔵六、そして山田市之丞が出てこない!(寂)
昨年の大河のことはすっかり忘れました(爆)でもテーマ音楽はいまでも戦国関連のBGMに使われてますね。

2010.09.28 08:17
URL | なつ #- | edit

イケメンには弾はあたらないようです(爆死)。

や、イバハチはめちゃくちゃイケメンだったけれども。
だから逆に、人だけではなく弾にまで
愛されちゃったんだと(勝手に)思っていますvv

2010.09.28 00:34
URL | Aki_1031 #IPctb5GI | edit

ソウルメイト(涙)

何か、虚脱感がありました。

伊勢谷友介の存在あってこそでした(汗)

でも、ぎりぎりアウトだったような。

神がかった、高杉晋作の存在を表すにしても、股引姿は(泣)

藩主の御前では、きちんと羽織り袴姿で、ホッとしました。

高杉の病状は、実際は、この頃どうだったのでしょう?

山縣も村田蔵六も出て来ない(泣)

去年の、諸将を前にした大評定なのに、参加武将ひとり(爆)という、しょっぱい記憶が蘇りました。

2010.09.27 23:50
URL | リューザキ弾正 #7C/zVFSk | edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://naturalreload.blog77.fc2.com/tb.php/440-cf2ccfbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

FC2カウンター

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ブログ内検索