上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「龍馬の妻」


つくづくこの大河は福山雅治のためのドラマだと感じました。
殺伐とした前回から一転、お龍との甘い毎日が描かれました。
まあそれは仕方ないかなと思いつつ
朱の裏書のシーンまであるとは驚きました。



よくわからなかったのが巻かれたビラ。
「薩長が同盟した」という噂が描いてあるとか。
これは木戸と西郷が示しあわせて仕掛けたことだといってました。

なぜこのビラで「これで長州征伐は無くなった」と言い切れる??

ビラが出回ったあとに龍馬とお龍が薩摩藩屋敷を出て(大阪経由)薩摩に向かいました。
それって危なくないですか?
薩摩は会津と共に長州を追い出し、幕府寄りだと考えられているから「丸に十の紋」が奉行所からにらまれない。
怪しまれないのではなかったのでしょうか。
(ああ、寺田屋襲撃の後はもう疑っているから一緒なのか!)


ちょっと勉強不足でこのあたりがよくわかりません・・・

幕府の反撃とは天皇から長州征伐の勅命が出たということですか。


グラバー邸の隠し部屋で高杉と再会する龍馬。
どちらも遠い未来を確約するものは何もないのだと知っていたようで・・
言葉のひとつひとつがせつないです。

「高杉は自らの病に気づいて留学を延期、船を買うことにした」
これはこれでよかったと思います。
どんなに史実と違っても納得できれば「ドラマ」としてはOKでしょう。

血を吐きながらくやしがる晋作の苦悩の顔・・・
四境戦争が無ければ留学は断念しても、ゆっくり静養はできたはずなんですよね。


突然美人の妻を連れ帰った龍馬にあせる亀山社中(笑)
「にょ?」「によ?」「にょうぼう!?」と各々が口をぱくぱくさせているところが可愛い。

ひとりひとりをもう少しじっくり見たいかんじです。

「船は内蔵太に任す」
龍馬が名指しで任すと死んじゃうんですよね(苦笑)
長次郎を思い出してしまいました。

来週で第3部は終わり。
どうか晋作の勇姿をたくさん見せてください(祈り)


関連記事

コメント - 4

なつ  2010, 09. 17 (Fri) 15:33

リューザキ弾正さん>

私も楽しみは高杉晋作のみを楽しみしております。
HDD保存もそこだけ残してあとは消去(笑)

本当に伊勢谷さんという人は独特のオーラがあります。

「龍馬伝」は美術・照明さんが素晴らしいです。季節はずれの花など出てきません(爆)

あと脚本さんが歴史を大事にしてくれたら//・・

編集 | 返信 |  

リューザキ弾正  2010, 09. 15 (Wed) 22:07

伊勢谷晋作を鑑賞するために、なんとか継続視聴しております。

内蔵太への出番終了合図…(涙)

来週の見どころは、コーンスターチではない、本当の自然の霧だとか…

やはり、力点の置き所が違うような(泣)

編集 | 返信 |  

なつ  2010, 09. 15 (Wed) 20:12

Aki_1031さん>

フイクション①(エゲレス行き断念の理由)はすごくよくできてました。
こういうのなら史実派も許せると思います。長州内の事情と高杉の動きは複雑で簡単に描けないです。

フイクション②(ビラ)はどこから浮かんだのかわかりません。
大久保利通を出していないからこういうことになったのでしょうね。

薩長の同盟はできるだけ公にしないものなのだと思ってたので不思議でした。

編集 | 返信 |  

Aki_1031  2010, 09. 15 (Wed) 01:27

病気のために、エゲレス行きを断念した…というのは
フィクションとして上手くできていましたよねー♪

それにしても、さすがなつさん↓
>なぜこのビラで「これで長州征伐は無くなった」と言い切れる??
相変わらず深い洞察力で勉強になります。
確かに仰る通り、これでなぜ安心できるのか不思議です。
田中慶喜公が不敵な笑みを浮かべているのに~!(泣笑)

編集 | 返信 |  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。