大河ドラマ「龍馬伝」 第36回
2010/09/07(Tue)
「寺田屋騒動」


予告で晋作が吐血!!喀血(修正)
ああもう、そういう時期に来てしまうのでしょうか??

「日本のために働かせて」という弥太郎に「お前もか?!!」とつっこんだり

予告に引き付けられて本編は印象に残ってません(爆)


屋根の上の龍馬は長すぎでは・・・


いままでにいくつか「寺田屋襲撃」を見ましたが、今回初めて玄関から逃げる龍馬を見たような。

なんか【捕り方が襖を開けた途端に発砲、窓から屋根伝いに逃げる】というイメージがあった。

フクヤマ龍馬はふすまを外してたし・・・
お龍さんも正面の階段を降りてた・・・裏階段とかから宿を出て行ったじゃないのね






関連記事
この記事のURL | 大河ドラマ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<晋作と龍馬の下関 | メイン | 大河ドラマ「龍馬伝」 第35回>>
コメント
-  -
リューザキ弾正さんへ

ヤフーの感想などを見ると評価は☆1か☆5なんですよね。

ドラマ(含む福山)がよければ史実をうるさく言うなと言う人は☆5をつけて、それが我慢できない人は☆1

真ん中がない・・

こういうドラマは批評のしようがないというか「好み」で終わってしまいます。

キャストがいいだけにまたもや残念です。
2010/09/12 22:33  | URL | なつ #-[ 編集]
- Re: タイトルなし -
Aki1030さんへ>


あの予告だけリピートしました(爆)
いよいよ高杉の最期が近づいてきたんですね。

山口での晋作人気はやはり早世したというのがあると思います。
維新の果実を味わうことなく去った晋作。
長く生きていると功績ものこせるんですが、それだけ「恥」も多くなる。
そういう姿を見せることなく逝ったことが「惜しむ」気持ちを大きくしている気がします。
龍馬も同じですね。
2010/09/12 21:26  | URL | なつ #4TUF.cSM[ 編集]
- もう、ごめんちゃー! -
屋根の上のリョーマの長すぎるシーン…
本当に(もう)ごめんちゃー、です!

そうそう、全員、正面突破でしたね~(苦笑)

高杉、喀血!
でも、来週のタイトルは「龍馬の妻」(爆)
このドラマ恒例の、寒いラブシーンの合間に…喀血なのでしょう(泣)
2010/09/11 07:05  | URL | リューザキ弾正 #7C/zVFSk[ 編集]
-  -
あの予告はヤバかったですよね~。
あれで本編が全部吹っ飛びました…(泣笑)。

>屋根の上の龍馬は長すぎでは・・・
まさに仰る通りです!
しかも冬のはずなのに、白い息ひとつも吐かないまま
震えるリョーマって…(呆)。

気を取り直して、来週です!高杉喀血です!!!
2010/09/07 22:39  | URL | Aki_1031 #IPctb5GI[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://naturalreload.blog77.fc2.com/tb.php/433-ec8a080a

| メイン |