大河ドラマ「龍馬伝」 第33回
2010/08/16(Mon)
「亀山社中の大仕事」


「わしらは、日本を守りたいだけじゃ。私心があっては志とは言わんけぇの。」

かっこいいお言葉でした。

でも亀山社中は会社。
グラバーに反幕府の長州に武器を流すということも「ビジネス」として説得してます。
なら自分達のたとえわずかでも利益を追求してもおかしくない。

カステラ商売しようとするほど台所はは苦しいはずなのに・・・

今回は、初めと終わりに桂・高杉が出てきただけでした(寂)
手紙はいいからもっと二人を出してください・・・

桂さんは高杉を「晋作」と呼んでいるけど、聞多のことは「井上」なんだ・・・
長次郎から尊敬のまなざしを受ける伊藤と井上。
さすが長州ファイブです。

軍艦と武器を調達できたという文をみて、笑みはない桂。
はしゃぐ晋作と対照的に「いよいよ薩摩と組む」という決意が現れてました。

西郷どんの「さかもとぉ・・」の一言が怖かった。

今回のみどころは以上(爆)


近藤長次郎の交渉術は素晴らしかったです。

その功績は長州藩主より礼を言われているくらい。

ユニオン号は表向き薩摩の船で「桜島丸」とされます(長州では乙丑(いっちゅう)丸)
ここで近藤長次郎と井上聞多は「桜島丸条約」を交わしますが、これは二人の間の取り決めであったため
長州に到着したときにもめたらしい。

簡単にいえば「ユニオン号は薩摩・長州・社中の三者共有、共用」としたもので、金を出した長州にとっては損なものでした。
結局龍馬が再交渉して、長州藩が所有し海軍局専用とするように条約を改訂します。


そして来週の長次郎自刃となるわけです。

「大小にかかわらず何事も社中に協議しておこなわねばばらない。
 一己の利益のため、この盟約に背いたものは割腹してその罪を謝する」

「社中盟約書」の一文に背き、留学を決めたからだと言われています。
(長州からの礼金を流用したとも)


龍馬が薩長同盟のために京都に行って留守の間のことでした。

「盟約に背いたもの割腹」という新選組のような約条があったことに驚いています。

いままでにドラマで2回この場面を見た事があります。

1982年テレビ東京 龍馬(萬屋錦之助)長次郎(山口出身の原田大二郎)

「饅頭屋」であった長次郎の活躍を妬む同僚たちに詰めよられる形で料亭の座敷で自刃
 戻った龍馬は「社中ではさむらいも町人もない・・・」と皆を叱る

1989年TBS 龍馬(真田広之)長次郎(香川照之)

 逃がすつもりで陸奥に「向こうでひと晩頭を冷やして考えろ」と言われた長次郎は一旦は逃げようとする
 しかし思い直し「さむらい」として畳に立てた刀に倒れこむようなかたちで命を絶つ

どちらも愛しい人がいて、ちょっと先走って夢を見ただけという「近藤長次郎」でした。
確かに「ぬけがけ」の罪は重いのですがやりきれません。
藩という枠も身分も超えて集まったはずの亀山社中(海援隊)の寂しい事件であったと思います。

来週、大泉さんはどんな風に演じられるのでしょうか。
百太郎くんが可愛かっただけにつらいものです。
関連記事
この記事のURL | 大河ドラマ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<< 京の龍馬伝~大龍馬展と伏見のまち~(定期観光バス) | メイン | 大河ドラマ「龍馬伝」 第32回>>
コメント
-  -
リューザキ弾正さんへ>

いろんな方の感想を読むと
「私心がない」と言う言葉に感動している方と違和感をおぼえた方とありました。

説得術としてはあくまでビジネス(双方に利益をもたらす)としたほうがよかった・・
近藤長次郎の交渉は商人としてグラバーも認めるほど素晴らしかったのですから。

龍馬がやたら「討幕」を口にするのもちょっと気になります。
今の幕府の方針ではだめなのだと感じていたとは思うのですが・・・



2010/08/20 19:58  | URL | なつ #-[ 編集]
- まちがっちゅー… -
萬屋錦之介主演の映画では、弟・中村嘉葎雄さんが演じておられました。

ちなみに、三船敏郎主演の「新選組」では、中村嘉葎雄さんは、勘定方の河合クン役。

共に、似たようなシチュエーションでの切腹(泣)

私心がない…
テンションが下がった、滅びの言葉(笑)でした。

わしら~は、船を操り、物資運搬で、稼いでいきますろ(ニコ)

こういう言葉なら、グラバーも、大浦お慶も、
そして、リューザキ弾正も(笑)、納得出来るのですけど…(^_^;)
2010/08/19 10:24  | URL | リューザキ弾正 #7C/zVFSk[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://naturalreload.blog77.fc2.com/tb.php/427-44263b39

| メイン |