上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日からこの話題ばかりですね。
私も生放送で見ていました。
浅田真央さん銀メダルおめでとうございます。
うちの娘と生まれ年も月も同じ(キム・ヨナさんも同じ)とは思えません。

本当にお疲れ様でした。

彼女自身は(ミスがあり)くやしくて、なさけなくてたまらなかったのでしょう。
このタイミングでのインタビューは酷だなあと感じるくらい泣いてました。

でも私はどこか銀でよかったと思う気持ちもありました。
もちろん失敗を望んでたわけではありません。
ただ点数差はさておき、キム・ヨナさんは完璧にすべりきったし流れも美しかった。
ショートプログラムでもノーミス。
これはすごいことです。

マラソンランナーの有森裕子さんがコラムで
「キムヨナは浅田真央に勝ちたいという気持ちが、浅田より強かったのではないか?」
と書かれているとか。

つまり真央さんは自分の力を出し切るプログラムで望んだが、キムヨナさんのは真央に勝つためのプログラムで望んだということ。

これは男子で4回転を跳んだプルシェンコと完璧な演技を求めたライサチェクに似ています。
(銀がくやしそうな顔したのも同じ)
バンクーバーでは「高度な技」より「全体の流れ」が重視された採点だったのです。


Yahoo!のコラムが二人を称えてよいお話を載せています

ニュースコラム・バンクーバー
「敗北の浅田真央、栄光への旅立ち」


日本人は「潔い」「正々堂々」を好みます。
鉄砲隊より刀の一騎打ちのほうがいい、「実より名を残せ」のような姿にあこがれます。

それがときには世界の舞台では不利になってしまうようです。
勝つためにはライバルの研究をし、採点方法に合わせてプログラムを練る・・・
会場の壁の色を考慮して衣装を決め、音楽も開催国に馴染みあるものを選ぶ。
開催地で長期間練習し、地元の声援も味方につける・・・

そこまでやらんでも・・ということもやっているんですね。
ただそれはあくまでコーチ・スタッフの配慮であって選手は競技に集中するだけ。

ホテルに滞在し、家族やスタッフと一緒だったキムヨナさんのほうが精神的に支えてもらえたのかなと思いました。


メダルはなかったけれど、小塚さんと鈴木さんのすべるのが嬉しくてたまらないという演技。
出場できて満足でいっぱいというインタビュー。

このお二人の姿にどれほど救われたでしょう。



伊藤みどりさんがリンクではつらつと演技していたのを思い出しました。



関連記事

コメント - 2

なつ  2010, 03. 06 (Sat) 19:20

リューザキ弾正さん

返信遅くなってすみませんv-356

今回のオリンピックは金メダルはなかったけれど、メダルのぶんだけ感動できたので良かったと思います。
閉会式で大きなバルーンを無邪気に追いかけていた高橋・小塚選手の笑顔が素敵でした。
上村

あと3個のメダルをかけてもらっていたスピードスケート高木選手。
何度見てもいいシーンでした。

選手の皆さんはまた「練習」に戻られるかとおもうと大変だなあと・・・


編集 | 返信 |  

リューザキ弾正  2010, 03. 01 (Mon) 16:18

お、惜しい!

相手に勝つことより、自分に勝つことを目指したのが浅田真央選手だったと思います。
ですので、ジャンプのミスが悔しかったと思います。

どちらかというと、難しいジャンプに挑戦する選手(プルシェンコ選手とか)の方に、
修行の武術者みたいで好意を抱きますが、
今回は、皆さん素晴らしかったと思います。

鈴木明子選手のショートプログラムの6分間練習前の時、
輝く表情で会場を眺めていたのが印象的でした。

浅田真央選手へ
「ソチは、そちに任せた」(武田軍一同)←オヤジギャグ、すみません(^^;)

編集 | 返信 |  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。