「大坂城炎上」

派手に燃えておりました大坂城。
上杉の武勇は「鴫野・今福の戦い」にあったと思いますが、真田幸村のついでに語られただけでしたね。

もう見ているとイタイなあと思うカネツグとイエヤスの会話。
カネツグの「義」は口先だけに聞こえてしかたない
ヒデタダもあそこまで感動しなくても・・・・

ユキムラの願いとはいえ伏見警護を抜け出して大坂に来ただけで軍規に反しています。
「愛」のカブトでうろうろして大丈夫なんでしょうか?
千姫さま、井戸の底とはいえ、あれほど燃えていたら蒸されてしまうのではないかと心配しました。

淀君、最期は凛々しく綺麗でした。
「あの世で会おうぞ」「しばしのお別れ」幸村との別れも思いのほか決まってました。
秀頼と千姫もういういしかった(もう終わりですが)

こちらを回想でなく長くやってほしかったかも。

突然改心?したイエヤス
千姫をそこまで可愛がっていたとも思えず、やっぱりご都合主義・・・

殿の出番は最後に1分のみ(残念)
カネツグが駿府にでかけているところはいらないので殿をだしてください!
(それにしてもマサムネはどこでも自分で行くんだなあ)
関連記事

コメント 4

なつ  2009, 11. 17 (Tue) 17:17

リューザキ弾正さん

いよいよこの苦行もあと1回です。
アツヒメのときは真ん中はまったく見ていませんでしたが、今年は何故か見ました・・・
(驚)

ユキムラが学んだとすればそれは【上杉】からであって、カネツグではなかったはず。
どれほどカネツグが(史実上)素晴らしかったとしてもあくまで上杉家の家老です。
さすがに原作もここまで持ち上げてなかった。

もっとも原作も上巻で出した人物を下巻でスルーしたり破綻してましたが・・・

そうそう予告で「初音」の姿が見えたような?

編集 | 返信 |  

リューザキ弾正  2009, 11. 16 (Mon) 21:28

ざっくり・・・

なんとなく、「大阪の陣」を現場サイドで、「冬の陣」「夏の陣」に分けたような気がするのですが(笑)

使いっぱしりの伊達政宗クン、御苦労様、という感じですね(^^;)

千姫の扱い・・・兼屑がこれ見よがしに憑いていたのには(あ、変換ミス!)
笑えました。
急にとってつけた様な孫想いのイエヤスにも(苦笑)

苦笑して、来週を締めくくることとなるのでしょう。

サナダユキムラ・・・「兼屑から全てを教わった」って・・・
何を教わったのか、ちょっと、聞いてみたいです(あるのか、中身 ^^;)

編集 | 返信 |  

なつ  2009, 11. 16 (Mon) 18:58

びびんばさん

お涙頂戴の回だったと思うのですが>

ああそうですよね、兼続と幸村との今生の別れとか・・・
さすがに泣けませんよあれは。

史実をまげているところを突っ込むというより歴史モノではないかのようです。
上杉は家康と対決せずに幸村と戦うことの苦悩だけを描けばよかった。
千姫を助けたとしても名乗らずに陣に届けたらどうなんでしょう?
どうせ千姫の口から語らせるんだし・・・

あと1回あります・・・

編集 | 返信 |  

びびんば  2009, 11. 15 (Sun) 21:49

本当は・・・

お涙頂戴の回だったと思うのですが、ブログでも書きましたが、終始笑って見ておりました^^;;
よくもまあ、あれだけ酷い大坂の陣が描けるというか・・・
大坂城の堀が、会話だけで埋められていたのが、一番おかしみを醸し出しておりました(爆笑)
・・・・想像以上の薄い内容で、ある意味天晴れでした!(爆)

編集 | 返信 |  

トラックバック 1

この記事へのトラックバック
  •  大河ドラマ 天地人大河ドラマ 天地人 NHK大河ドラマ
  • 『NHK大河ドラマ「天地人」戦国武将グッズ』全国一律宅配便送料¥525 前田慶次/絹扇子【10P16Nov09】商品価格:840円レビュー平均:4.0 【新潟県】【日本酒】【景虎】【天地人(大河ドラマ)】 に詳しい方お願いします。 【新潟県】【日本酒】【景虎】【天地人(大河ド?...
  • 2009.11.16 (Mon) 00:04 | 大河ドラマ 天地人