山本耕史さんのインタビュー
2009/11/11(Wed)
読売新聞の夕刊にインタビューが載ってました。

ロックミュージカル「ヘドウィッグ・アンド・アングリーインチ」についてです。

「この作品は、新しい波がブロードウェイの歴史を塗り替えた時期に作られた。亜流が主流になった瞬間の幕末のようなエネルギーが充満している」

幕末と言う言葉にひかれた私でした。

「楽な道ばかり歩いても本物の喜びは得られない、と教えてくれたのもこの作品です」



関連記事
この記事のURL | 雑記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<再放送 大河ドラマ「葵・徳川三代」(2000年) | メイン | 「仁~JIN」と「葵・徳川三代」>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://naturalreload.blog77.fc2.com/tb.php/366-d5bf83c8

| メイン |