「上杉転落」

残り少ないのでやはり駆け足でした。
家康が景勝・兼続主従に言い放った言葉は核心をついてました。

「正義であるのに誰もついてこなかった」

それは三成も最期まで「なぜ」と問い続けたことだったと思います。

このドラマではあまりに使いすぎて同情もできない気分ですが。
「正義」だ「愛」だと叫ぶやつほど信用できないと思ってしまう・・・
このドラマの最大の失敗です。

三成の「義」は秀吉への「忠義」であり、おそらく家康とてあれほどの忠臣がわが陣のものであったらと思ったはず。
兼続についても景勝への「忠義」においては納得できるものがあった。
(この大河の家康にはそこまでの深慮があるか不明)

本多正信との会談
遠山の亡霊はいらないでしょう・・・呼ぶなら榊原康政では?
「直江家を差し出す」覚悟の兼続
ここの「利」にかなったお願いは「謀将兼続」だった(そう思えたのは初めてか)

これは殿も承知のことなんだろうか?

今回これほど上杉家の一大事なのに殿とのシーンが少ない
(これが一番不満かも・苦笑)

景勝に酒を注がれて無言で受ける兼続・・どっちが殿?
なにも言わなくても通じ合っているってか??


秀秋も福島も淀君に頼みにいくけど、秀頼も減俸された敗戦側。
なぜ高台院じゃないのでしょうか。
(もともとこの二人が奔走するのもどうかと思う、家康家臣でないと意味がない)

兼続が都で培ってきた広い人脈や皆へこまやかな厚情が、上杉存命を家康に働きかける力になってほしかった。
結局兼続が仲良くしたのは三成とお涼と初音だけ??


会津の上田衆・・もう重臣なのに右往左往してたらだめでしょう。
「落ち着け、何があっても殿の下知に従うまでじゃ」
とか皆を静めなさい!
弟くん不安をあおらないで、「私はついていきます」とか言い切ってください。


出立の日まで誰がついていくかわからない兼続って・・・
どうやって移動のだんどりをつけるつもりだったのか。


※与六ジュニアは可愛いけれど、意図して出されている気がしてかわいそうです。




関連記事

コメント 4

なつ  2009, 10. 08 (Thu) 14:28

リューザキ弾正さん

ほんと大阪の陣のときは「義」はどこに持っていくんでしょうか。
「戦のない世に」というなら最初から家康についていれば・・・(苦笑)

かしこいはず?のお船がここへきて兼続の考えも推し量れぬバカものになりました。
リューザキさんのおっしゃるとおり、二人で相談→苦悩の決断のほうがよっぽどいいです。
それこそ執政の家柄。

そのお膳立てをしてから景勝の上洛を促してほしかったです。
あんまりにも殿がないがしろの回でした(;_;)

編集 | 返信 |  

なつ  2009, 10. 08 (Thu) 13:39

びびんばさん

武将・直江兼続はこの長谷堂城の戦いで封印し、政治的に力をふるうようになる重要な起点ですね。

家康の怒りを鎮めるのは、家康の忠臣であってこそできることだと思います。
家康も心底では上杉の名も力もあなどれぬものとわかっていたはすですから。
本当にまともな脚本家なのかこの人は・・・
しかし、これを通したN〇Kの罪のほうが重い。

脚本魔法の力で「米沢」を治めるかどうかみてみたいものです
(毒)

編集 | 返信 |  

リューザキ弾正  2009, 10. 05 (Mon) 09:26

痛い・・・(><)

三成の行動基盤を「正義」としたのが痛いですね。
豊臣への忠義にしておけばいいのに・・・
その「正義」とやらを煽っちゃった兼屑クン。
こちらも負けずに、三成の死後も「正義」を振りかざしておりますが・・・
(これで、大阪の陣はどうするんだ・・・ボソッ)

福嶋&小早川が上杉存続のために・・・ええ?なんで君たちが??
あ、史実どおりの人材は使用しないコンセプトでしたね、このドラマ(`∀´)

直江家を差し出す。う~ん、この時代、婿養子である彼に直江家娘の妻に承諾を得ず、
こういうこと出来たのでしょうか?
ちょっと、このへんのことは判りませんが。
で、まあ、婿養子が勝手に我が家を売り出せば怒るのは判るけど、おSさん。
「直江家は代々上杉家を支えた家柄!(怒)」って言い分はしないと思いますが・・・
上杉家の、のるかそるかの時ですよ!上杉家存続のために家くらい差し出しなさい。

どうせ夫婦愛(嘔吐)を喧伝するくらいなら、
二人で相談→直江家を上杉家存続の人柱にする→直江家は主家に返上。
すべては上杉家のため・・・これが、我らの義ぢゃ!愛ぢゃ!
・・・とすれば、ドラマ終盤、収集がつくと思うのですが。

米沢での執政の采配、見どころなのですが・・・
家族と一緒♪家族で団欒♪ [ 完 ] とならなければいいけど・・・

長くなって御免なさい(汗)

編集 | 返信 |  

びびんば  2009, 10. 04 (Sun) 23:15

う~ん

ここの回も、直江兼続的には重要な「人生の基点」だと思うので、丁寧に描かれるべきだったとは思いますが・・・
それが、訳分からず西軍を裏切った方にほぼ助けられたという設定・・・・・(汗)
ドラマの題材を間違えたようですね@NHK大河

この調子じゃ、米沢を藩政をなんとな立ちゆくようにした「経緯」をすっとばされ、直江の魔法でたちまちうまくいったのでございました的に描かれそうですね・・・
これからが、本当の直江兼続の本領発揮だというのに・・・

もう「期待」は持っていないですけどね・・・つい愚痴ってしまいましたm(_ _)m

編集 | 返信 |  

トラックバック 2

この記事へのトラックバック
  •  天地人 上杉転落
  • 傾いた本棚 大河ドラマ 「天地人」 第40回 「上杉転落」 残り少ないのでやはり駆け足でした。 家康が景勝・兼続主従に言い放った言葉は核心をついてました。 「正義であるのに誰もついてこなかった」 それは三成も最期まで「なぜ」と問い続けたことだったと思います。 ...
  • 2009.10.05 (Mon) 14:00 | ニュースの時間ですよっ
この記事へのトラックバック
  •  大河ドラマ 天地人大河ドラマ 天地人 竜馬
  • NHK大河ドラマ【天地人】シリーズ清酒 兼続 1800ml 高千代酒造商品価格:2,500円レビュー平均:5.0 大河ドラマ天地人、濡れ場シーン 大河ドラマ天地人、濡れ場シーン天地人の大河ドラマの設定で、長澤まさみさんの役が妹から姉に変更されるみたいなのですがこれから?...
  • 2009.10.05 (Mon) 00:01 | 大河ドラマ 天地人