大河ドラマ 天地人  第39回
2009/09/27(Sun)
「三成の遺言」


1話分をまるまる使っての「伝言ゲーム」でした。
初音→福島正則→小早川秀秋

少ないキャストを出しまくって伝えた「三成の遺言」
長谷堂城からの撤退時にはすでに、斬首されていたのだから兼続とは絶対会うことはできません。
でもいままで、十分すぎるくらい仲のよかった二人なら夢でも会えそう(苦笑)

初音がわざわざ会津にくる必要もなく、手紙をしたため後を追うとか、尼になって菩提を弔うとかのほうが心をうつでしょう。

バンカラ福島が三成に酒を飲ます場面
意外でしたが、あれはあれでいい話でした。
できれば正則をもうすこし渋いキャストでやってほしかったですが・・・

小早川秀秋は・・・脚本がこういう風に書いてあるから仕方ないか。
私的には「金吾中納言」と呼ばれてほしい。

三成だけが処刑されたようになってましたね。
小西行長も 安国寺恵瓊も同罪だったはず。
いままで出てないので出しようがなかったでしょう。


長谷堂城からの撤退もあっさり終わりました。

「退くと見せては攻め、攻めては退く、謙信直伝の”懸り引き”の戦法」が見られるかと思ったのですが(溜息)

あれほど期待された前田慶次郎の出番はもちろんなく、最上も伊達も今回は出番なし。
騎馬シーンがない戦でした。

戦国時代の戦場はやはり武者が馬で駆けるところが盛り上がるのだと思ってます。
甲冑をつけて馬をあやつり槍をふるう・・・
やるほうもたいへん難しいことだと思います。
それも徒歩の兵も多数となれば撮影も危ないでしょう。

それだからこそ見たかった・・・



評定の最後に真顔での「さらばじゃ!」と告げる家康
三成の「義」がわずかに家康に届いたようにみえました。

小栗旬さん、お疲れ様でした。



※結城秀康を頼って上洛をする・・という展開はないですね、やっぱり(涙)
※あれこれ物足りないと思うのは「司馬版関ヶ原」に影響されすぎかとも考えます。

関連記事
この記事のURL | 大河ドラマ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<姫路城 甲冑サミット | メイン | 2006大河ドラマ「功名が辻」 再放送終了>>
コメント
- カタリーナさん -
せっかくテンプレを変えたのに実際のお月見はゆっくりできませんでした・・(^^;)

ブログで毎日お月見・・・

そうそう政宗出てきませんでしたね。
上杉を叩いて奥州の覇者になる野望は?

必要なシーンがなくて、不必要なシーンがやたら長かったりするのも、 このドラマの特徴だなあと感じては降ります。>

同感です!
政宗も幸村も役者さんたちは役を受けたとき、歴史背景とかを勉強されて「このときはこう演じよう」とか考えていたと思うんです。
キャストで名前を振り当てられたらやっぱりどんな人なのか知りたいはずですから。
でもこの脚本では、無駄なことをさせられ、大切な場面はなにもさせてもらえない・・・(>_<)

上杉のドラマなのに上杉は・・・
秀吉あっての三成だったように、景勝あっての兼続だということも消えかかっているようです。
(最初から描いてないか?)
最後に子役さんに頼っていたのではもう・・・(溜息)
2009/10/08 09:56  | URL | なつ #4TUF.cSM[ 編集]
- おお! -
素敵なテンプレですね。
今週末が確かお月見でしたっけ。

最上はともかく、せっかくキャスティングした政宗を、
なぜここで使わないんでしょうか。
このままたいした出番なく終わるのであれば、
小田原遅参エピを取り上げてまで政宗をピックアップした意味がありません。
結局何だかんだ言って、制作陣が描きたかったのは、
北の関ヶ原と呼ばれるものではなく、関ヶ原そのものだったんでしょうね。
といっても、それもチープでしたけど。(毒
上杉フリークとしては、上杉主体で描かれることを期待していたわけで、
まさかここまでサブ扱いとはがっかりです。
何となく……踏み台にされてる気分?

言いえて妙の伝言ゲーム、私にはいささかくどかったです。
もっとすっきり三成の想いを伝える方法はなかったのでしょうか。
必要なシーンがなくて、不必要なシーンがやたら長かったりするのも、
このドラマの特徴だなあと感じては降ります。
2009/10/01 23:07  | URL | カタリーナ #HfMzn2gY[ 編集]
- リューザキ弾正さん -
関ヶ原のおさらいにTBS加藤剛版の「関ヶ原」を観てしまったので、「天地人」が物足らなくてたまりませんでした。

逃走中に村人にかくまわれてこそ、三成の地元での善政が生きてくるし、「義」をつくしてくれた村人に「義」で返す(自首する)三成がよかった。
功名が辻でもこれはちゃんと描いてました。
それでなくては三成が救われません。


ここで兼続の苦心の撤退をくどいくらい描いても主役だからあきらめるつもりでした。
でも責任とって自害をしようとした兼続を止めようとしたという前田慶次郎もでてないので「三成」にそれが回ってきたようです。

刑場で叫ぶなどということを三成にやらせた脚本(怒)

来週もまた「義」を叫ばせるようで悲しくなってきます。
2009/09/30 20:30  | URL | なつ #-[ 編集]
- ご賢察! -
「伝言ゲーム」言い当てて妙だなぁ~と大感心!
思わず我がblogでも使わせていただきましたm(_ _)m

夢で会えそう ←た~し~か~にぃ~(納得)
本当に、妄想シーンで出てきて、アホツグが自己肯定する材料にしそう。
「三成、これでいいのだな。そなたは許してくれるのだな」みたいに(笑)

本当はメインのはずなのに、長谷堂城の戦い、ナレーションと、
とってつけたような(爆笑)かねたんの血が滴って終了!となっていましたね。
何を描きたいドラマだったのでしょう。

確かに、オグリン&松方さんのお陰で、曲りなりにも三成の義は表せたと思います。
肝心のカネツグの義は・・・偽としか見えない(爆)

今回の一番の感想。大阪は全体に警備が手薄だぁ!(笑)
三成の前にやたら現れる気象予報士とへきさごん。
(あ、へきさごんと、島左近って、語呂が似ている・・・誤爆)
これも、不可思議な話ですが、相手は(一応)天下の大罪人で、
福島も小早川も、そうそう、自由に彼の元に出入りできるとは思えないのですが・・・
もっと、行動に制限がありそうな、上杉家の家老も堂々と、他家のお宅訪問しているし。

相変わらず、緊張感のないドラマだな、と思わせてくれました m(ToT)m
2009/09/28 13:30  | URL | リューザキ弾正 #7C/zVFSk[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://naturalreload.blog77.fc2.com/tb.php/340-b014f171

| メイン |