上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪公演最終回に行ってきました
午後8時半の回は競争率は低かったかもです(席は満席でしたが)
終われば10時前。
明日から学校や仕事が始まる連休最終日とくればちょっと出にくい・・・
三公演申し込んでこの回しか当たりませんでした。


「執事の戯れ」として行なわれたこと(順不同)


☆見ないで書こう選手権

トトロ
かえる
タンバリン


☆一緒にチェキ

星耶より金太郎(入谷)を希望する方が!(兄さんがっくり)
妖精も希望者多数v


☆なりきりせりふ

愛の告白
誕生日の言葉


☆野球クイズ

阪神の下柳  ◎
巨人のラミレス ◎


前回あまりにも無軌道に進んでしまったためか、今回はおとなしい感じに。
このメニューだと番号で当たったお嬢様しか楽しめない気もしました。

いっそ「戯れ」は一つで、お芝居の部分をしっかりやって欲しかったかな。
「星耶と星次が本当の兄弟ではなかった」理由は説明ばっかりだったし。
せりふとかのやりとりでカバーできそうでした。

アカシアの花言葉は「プラトニックな愛」(フランス)らしい。
でも高校生が恋人に贈る花としてはマイナー??


今回の加藤さんはどこまで星耶だったのでしょうか?
あれが「星耶」としてのスタンスだったのか、弟思いのわりにそう言う雰囲気が見えない。
星次の田渕くんはちょっとお疲れが見えていたような・・・

芝居が短いから兄弟らしさが感じ取れないのでしょうか
でも入谷さんはちゃんと「金太郎」だった・・・

うーん受け止める私の側のせいかもしれませんが、1回でよかったという感じです。
関連記事

コメント - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。