大河ドラマ 天地人
2009/09/07(Mon)
文句を言い続けた大河ドラマもいよいよ残りすくなくなってきました。
ここ4回ほど感想を書いておりません。
いまさら言うほどでもないというか・・・
昨日の第36回の「至上最大の密約」

石田三成と直江兼続の間に約束があったかは何も残っていません
(密約だから残せないのか・笑)

ドラマの中の三成と兼続の「密約」って、子ども同志の話みたいでした。


「そのうちタヌキがなんか因縁つけて君のところに殴りこみに行くから気をつけて!」
「売られたケンカは買うよ」
「そのときは助っ人連れて後ろからやっつける」
「はさみうちにすれば、みんなタヌキを見捨てるな」
「そしたら僕たちでイイクニつくろう!」

みたいな・・・

初音と左近しかいない城ってどんなところなんだ?
正室は子どもは親族は??
このドラマのお殿様は取次ぎの侍とか、かしづく侍女とか全然いない寂しいひとばかり・・


石田三成が秀吉に忠誠をつくし、家康を脅威に思うのはわかるのですが
兼続がそこまで豊臣家に尽くす理由がわかりません。

これまで戦乱を生き抜き、今の地位を得てきた諸大名たち。
いきなり幼子を「天下人」として盛り立ててといわれてもバカらしくおもうのは当たり前でしょう。
正直執政なら、権力の行く末を見極めて「徳川につく」のもありなのでは思ったり。

会津に国替えさせられて、今は天下より自分の国の整備に忙しいはずなのに
いつも殿について登城しているというのもどうかと。
あくまで「陪臣」なのだから。


家康に「天下はただいちにんのものにあらず」と言ってるけど、秀吉も自分ひとりのものにしていたわけですよね。
自分の家臣にいい思いをさせてやりたいから、人の領地をぶんどってきて与えた。
朝鮮出兵も元は与える領地を得るためだったはず。
だから福島正則らは日本に引き上げてきて「恩賞を得られなかった(領土拡大ならず)」ことを不満に思った。(まあ、三成への仕打ちは逆恨みでしかないけど)

家康が表立って悪すぎかなと思います。
悪役でもいいけれど、オモテは「秀頼さまの御為」といいつつ、ウラで天下を手繰り寄せる・・そんな家康であればこそ豊臣恩顧の家臣もだまされるのです。
野心満々なところを見せたら誰も付いてこないと思います。
西の丸に家康を迎える北政所さまさえバカにみえます(涙)





広げた地図は諸大名の名前がいろいろ間違っていたようですね。
真田信之は「真田信」でしょうね。


こういうのは脚本家が「大名の配置図を見ながら話す兼続と三成」と書いているのを、スタッフが用意するのでしょうか?
ほんの少し調べたらわかることをおざなりにしているのがこの大河の特徴です。

「さらば越後」で最後に登っていた山(あらすじでは「八海山」)は春日山からすごく遠いらしい。
ちょっと裏山に登りましたみたいな雰囲気でしたが、今でも頂上にはロープウェイとか。
移転準備に忙しいのに三日ほど城をあけたら「皆は驚く」でしょう(笑)

仙桃院が謙信の遺骸と共に越後に残っていたのも謎でした。
何をおいてもお移しするのが筋なのでは。

越後統一までの苦難を思えば、兼続のむなしさはわかります。
でもお涼相手に泣かなくても・・・


来週はいきなり大谷様登場でしょうか?
小早川秀秋はやけに上杉贔屓でしたが、それなら東軍寝返りの理由は??

あーやっぱりいまひとつの脚本。


関連記事
この記事のURL | 大河ドラマ | CM(4) | TB(1) | ▲ top
<<旅に出たい! | メイン | 結城秀康 志木沢 郁>>
コメント
- リューザキ弾正さん -
もう次回の感想書かないといけないくらい返信遅くてすみません。

仙桃院さまと甕・・堀殿からの抗議で同年に移動したのではなかったでしょうか?まさか今週の伏線のために残したのか?
内府殿の露骨な三成いじめを一緒に喜んでみている他の豊臣恩顧の家臣たち。
本来かばう小西行長とか大谷吉継を全然描いていないのでこれでは豊臣家はつぶれて当たり前だと感じます。



2009/09/14 19:37  | URL | なつ #-[ 編集]
-  -
とってつけたような展開ばかりですが・・・
取ってつけたように島左近を出しても、機能していませんし・・・
清貧な生活をしている割りには、小りん(違っ)が派手な着物でうろちょうろしているので、
質素な生活に思えない(^^;)
で、来週、とってつけたように大谷刑部が登場でしょうか?

切り捨てエピソード満載ですが、仙桃院様&甕、その後どうなったのでしょう??
置いてかれた堀家もビックリでしょうが(笑)

今年の内府殿は、「私は悪人です。謀略廻らせてます」と旗を立てて動き回ってますけど・・・
あんなにオープンマインド(爆)で、大丈夫なのでしょうか?
「彼なりの理と利で動いてます」的な描写の方が、関ヶ原合戦後が楽だと思いますが、
却本家は、敢えて、茨の道を選んでいるようですね(^^;)

友達&理解者が一人もいない(設定)三成君の唯一のこころの友(ジャイアンか?)な、かねつぐ。
しかし、完全に貧乏神の存在ですね~

でも、どこでもドアーだけは持っていて(大河主役の特権^^;)、殿と八海山センチメタルピクニック、
佐和山城一泊二日ラグジュアリー休暇を楽しんでいますが・・・
上杉の殿が命を狙われるとは、まったく考慮外なのでしょうね。
私が敵将なら、この期は見逃しませんけど(をい!)

2009/09/09 08:13  | URL | リューザキ弾正 #7C/zVFSk[ 編集]
- びびんばさん -
島左近さまを見るたび、「真田幸村殿@大河・徳川家康」と思ってしまいます。
本来あの地図の場面は左近と話すべきものかなと思います。

で、
「上杉殿は内府の挑発を受けてたつでしょうな」
「ああ、上杉には兼続がいる」
「直江殿なら何も知らせずとも・・」
「わかってくれよう」

なんて場面があれば渋いのに・・・(最近妄想癖が)
会津で共に移封作業をこなした二人をもっと描いてくれたら、志が同じだとわかるのですが・・
2009/09/07 22:02  | URL | なつ #-[ 編集]
- どうやら -
佐和山での三成の暮らしは、人事面でも「清楚」だったようで・・・・^^;;;
あれだと、島左近の忙しいでしょうね~
↑なんのために雇われたのか・・・^^;;;

どうも、上部スタッフが特に歴史を知らずして大河に携わっているとしか思えませんね~
二人の喧嘩作戦の時に使っていた地図を見て、改めてそう思いました--;;;
・・・・・もう、溜息しか出てきません
2009/09/07 21:31  | URL | びびんば #iydQorAY[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://naturalreload.blog77.fc2.com/tb.php/328-104c836c

大河ドラマ 天地人直江兼続 NHK
義と愛を貫いた上杉の智将「直江兼続ボールペン」です。天地人(^з^)山形限定キティ直江兼続ボールペンです。金と銀があります。【天地人】商品価格:630円レビュー平均:4.67 直江兼続のルックス&知名度について 直江兼続のルックス&知名度についてなのですが、直江?... …
2009/09/08 04:37  大河ドラマ 天地人
| メイン |