上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「惜別」

これはシリーズ1から思っていたのですが、1回の放送にエピソードを詰め込みすぎ。
時代劇なのだから、「まったり」「のんびり」していいと思います。
シリーズ1のときは、続編の制作は決定していたわけじゃないけれど、
原作は完結していないのだから、無理にけじめをつける必要もない気がします・・・・

この回は、ふたりの子役さんがとてもよかったです。

宮戸川の親方は渋くて粋でかっこいいです。
一番江戸っ子らしかった。
幸吉くんの正直な気持ちに磐音もほろり・・ですね。

おそめちゃんの態度もりっぱでした。
師匠の江三郎親方(笹野高史)も嬉しそうに見守っていました(秀吉とは思えない・笑)
刺繍をした匂い袋の話はオリジナルですが、こういう話を入れられる脚本家さんなんですよね。
(前回の金兵衛さんの説得とか)

「陽炎の辻」解説本の対談(山本&川村&宇梶)で「おそめちゃん(瓜生美咲)は一度も間違えたことなかった」と皆が感心しておりました。
川村くんなど「十年後に共演させてと頼んだ」とか。きっと主役をやっているだろうって。

この番組、脇役にいくほどいい味でした。
ホームページのキャスト欄に名前だけでも載せてほしかった。


このふたつだけでよかったのに・・・(苦笑)


今津屋での速水様・玲圓先生・金兵衛さんの集いはなんなのでしょうか・・・
なぜに今津屋??由蔵さんは店に出なくていいのかな?
道場の座敷のほうが広いような・・・


霧子が襲われるのと、刺客はいらなかった。
あの刺客、弱くないですか?
付け足しみたいで残念です。せっかく沖田さん(鶴田浩二版新選組)だったのに!

関連記事

コメント - 6

なつ  2009, 07. 31 (Fri) 17:08

Aki_1031.さん

ええ、残り2回ですが爆弾投下!(笑)
磐音さまの笑顔を残して焼失かな・・・・(爆)

ところどころ原作を越えたいい脚本&演技なので余計もったいないと思います。
読者の中にはいつも自分なりの映像があるので難しいことはわかります。
でもできないことはあっさりやらないほうがいいと思うんです。

家基さまの件と紅花事件をダブルで絡めてくる>

あれは本当にがっかりでした・・・・
どちらかひとつでも相当無理な設定なのに両方をいちどにするとは。

「オトコマエ!」は早い解決につっこみながらも「楽しいからいいや」と割り切れました。
今回も突き抜けて楽しくしてほしいです。
(柴田恭平さんが意外にいい味)





編集 | 返信 |  

なつ  2009, 07. 31 (Fri) 16:57

リューザキ弾正さん

究極の「夢オチ」!!

初回の若侍3人はさわやかでしたねえ。
(奈緒さまの姉も美しくて)
すぐに消えてしまいましたが(苦笑)
1回きりでもそれなりの役者さんを使うところがN●Kのいいところでした。

あの顔ぶれだと磐音がほんとうにほんわかしたおぼっちゃまに見えた。
まあ「陽炎の辻」なのに夜の決闘にしたところからずれてきてました・・・(笑)

編集 | 返信 |  

Aki_1031  2009, 07. 29 (Wed) 13:50

No title

なつさん…(笑)。
>このふたつだけでよかったのに・・・(苦笑)
言ってしまいましたね?(ニヤリ)
爆弾を投下してしまいましたね?

まぁ、シーズン3になってから何でもかんでも
詰め込みたいようですので、もう諦めております。
特に家基さまの件と紅花事件をダブルで絡めてくるかと思いきや
思いっきり肩透かしを食らった時に、ある意味悟りを開きました(苦笑)。
既にオトコマエモードに突入しています(爆)。

編集 | 返信 |  

リューザキ弾正  2009, 07. 28 (Tue) 22:36

こうなったら・・・

最終回、おこんちゃんの涙の婚礼シーンで、
「おい、磐音!」
と声がかかる。

江戸から帰参途中の休憩で休んでいる所を起こされる、磐音。
笑顔の親友二人。
「何故か、不思議な夢を見ました。関前を出奔し、江戸で長屋暮らし。うなぎ裂きとか用心棒稼業。
町屋の娘御と祝言をあげておりました」

「おいおい、町人の娘と祝言をあげる夢だと!」
「奈緒に言いつけるぞ」
「そ、それは、ご勘弁をぉぉぉ!」
笑顔で、故郷に戻る三人組 [ 完 ] 

もう、こうしちゃって欲しいと妄想してみたり・・・
(長文陳謝^^;)

編集 | 返信 |  

なつ  2009, 07. 28 (Tue) 19:52

narkejp.さん

コメントありがとうございます。

ええ、陽炎の辻シリーズはこれで完結ですね。
西の丸さまのことは原作も難しそうで先延ばしにしているようで・・・

実は世子家基は身分を捨てて隠遁しちゃっていたんだよ>

それは素敵な展開ですね!!
ドラマでの家基さまはういういしくてよかったのでこっそりどこかで生きていてほしいです。

30分になってしまったのに45分のように詰め込んだ結果なのでしょうか、余韻が少なくなってしまいました。

編集 | 返信 |  

narkejp  2009, 07. 27 (Mon) 20:14

No title

たぶん、第4のシリーズはないと見ました。「陽炎の辻3」で完結。もし続きがあるとすると、原作は西の丸がらみですから、世子暗殺がテーマです。それは、NHKとしては難しいのでは。で、関前訪問で祝言をしてめでたしめでたしとするためには、エピソードをてんこもりにする必要がある。もっとも、原作のほうが、実は世子家基は身分を捨てて隠遁しちゃっていたんだよ、というのであれば、第4部もありうるのかもしれませんが(^o^)/

編集 | 返信 |  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。