桜花昇ぼるの「ありがとうございました」という言葉には私を泣かす力があるらしい・・・

その言葉に舞台に立てる喜びがいつもあふれている。

居並ぶ団員さんたちの思いが中央の桜花昇ぼるに集まっているせいなのか

OSKを愛する方々の気持ちが桜花昇ぼるを包んでいるせいなのか・・・


なぜだか涙をこぼしそうになってしまうのです。

(感想は後日)

関連記事

OSK日本歌劇団「レビュー in KYOTOⅢ」 感想

龍馬伝 キャスト発表

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。