上半期視聴率ベスト10がオリコンさんから発表されました。

第1位は「大河ドラマ・天地人第4回(年上の女)」でした。
うーんこれほど不評な大河なのに視聴率はそこそこなんですよね・・・

脚本家さんへの批判が多いのですが、おそらく脚本家さんは気にしてはいないと思います。
もちろん、地名などに関する誤りについては潔く訂正すべきです。
でも、物語についてはの手直しは「自分の世界」を変えるということになり、モノをつくる人にとって一番苦しいことです。

美術、音楽、舞台、映像など創る人たちは「自分の見せたい世界」を求め続けてます。
身を削るようにうみだした作品です(おそらく)
ときに他人の批判を受けても、まげない信念を持つ・・・
そうでなければ続けてはいけない。

とはいえ、正しい助言をする方もいると思うのですが。




第2位の「Mr,BRAIN(初回)」

木村拓哉さんへの期待は大きくたいへんだなあと思います。

でも個人的は水嶋ヒロさんが主役でもよかった・・

2週続けての仲間由紀恵さんの回。話が痛くて、後味悪かったです。
小学生の頃誘拐されて15年間監禁されていた少女(仲間)という話がまずいやでした。
大阪では同様の小学生行方不明事件があり、そのご両親が詐欺に合うという痛ましい報道もありました。
この番組では誘拐犯人を追う話ではなく、少女が殺人を犯す話でした。

行方不明事件の少女が生きていれば、16歳。
この番組を見ている視聴者層だと思われ、余計にいやな脚本だなと思いました。

このドラマは豪華な出演人に寄りかかった脚本が多いです。


「カイドク」という沢村一樹さん主演の探偵ドラマ(単発)も、「MrBrain」も変人探偵と女性助手というパターンです。
どちらも「ガリレオ」の亜流にみえました。

関連記事

コメント 0

トラックバック 1

この記事へのトラックバック
  •  視聴率
  • 09年上半期ドラマ視聴率10傑について考える!: 哲兄さんの独り言視聴率|綾音ブログ 傾いた本棚 2009上半期視聴率
  • 2009.07.02 (Thu) 11:16 | 矢島美容室 振り付け 動画