YouTubuで見つけた海上自衛隊音楽隊の「天地人」テーマ曲演奏です

川崎音楽まつり

初回、この音楽と映像に感動し、喜平次坊ちゃんと与六の演技に引き込まれたことを思い出しました。
投稿者が「鳥肌がたった」とコメントされてますが、なるほど力のある演奏でした。

土曜スタジオパークに真田幸村役の城田優さんが出ておられました。

「幸村」役は一度は断ったとか。
自分のハーフのような顔立ちとか、いままでやってきた役の印象とかが「大河ドラマ・幸村」に合っていないと思ったからだそうです。(真田太平記の幸村はハーフの草刈正雄さんですからいいんじゃないでしょうか)

今では長所と思えるハーフ特有のお顔や身長の高さですが、過去にほかの役者さんとの兼ね合いでオーデションにおちる原因になったりしてかなりコンプレックスだったらしい・・
(主役の子ども時代なのに主役より背が高いとか、日本人の両親のこども役には合わないとか)

プロデューサーから「その異質な感じが欲しい」と言われて出演を受けることになったと言ってました。


城田くんといえばテニス王子さまミュージカル&映画版の手塚国光の印象があります。
彼の背の高さが、小柄なリョウマと対象的でよかった。
(デビューはタキシード仮面!)

NHKなのに映画「ROOKIES」の映像も出していたので驚きました。



※赤い陣羽織をめぐる秀吉と家康の演技はさすがでした。
でも諸大名に「見せる」ためだったはずなのに、まわりに人が少なかったですね。
こういうのは脚本のせいではないと思われます。
関連記事

コメント 4

なつ  2009, 07. 03 (Fri) 12:54

カタリーナさん

慶次郎」のほうが良かったんじゃないでしょうか>

なるほど。前田慶次郎はでてくるのでしょうか?
上杉に仕え始めるのは結構年齢を重ねてからでしたっけ?
アニメなどの慶次郎はすごく若いですが。

劇中の音楽がせっかくの名場面をおかしくしてしまうのがくやしいです。
緊迫のシーンこそ静寂がほしいです。

オーケストラではなく、吹奏楽はは見ていてもわくわくするものがありますvv

なぜか打楽器演奏中にカメラが寄ってくれないのが残念です。 >
クラリネットとかカメラが寄ってたのに・・・
シンバルがすごく効果的な曲ですね。
テレビではあまり聞えませんが、HPで紹介されていたNHK交響楽団の生演奏でもシンバルさんはがんばってました。

編集 | 返信 |  

なつ  2009, 07. 03 (Fri) 12:31

リューザキ弾正さん

4月のスタッフブログで

『兼続が上杉家の家老となり、秀吉や家康といった「時代の大物」と渡り合う新たなステージに向けて、書き足された曲は30以上にのぼります。』

とあり、このときに録音された曲が今のアレのようです(笑)

テーマ曲は勇壮で激しいので、「陰」の部分では使いにくいのでしょう。
(でも合戦のシーンにも合わなかったなあ)

スタッフさんは『音や音楽を使ってドラマをより面白く見せる!というお仕事です。』と語っているんですけど・・どうも・・・・

編集 | 返信 |  

カタリーナ  2009, 07. 02 (Thu) 23:18

私も

昨年初めてこのOPを聴いたときは感動しました。
ああ、「義」を掲げて堂々と歩いていく上杉家だって思ったんですよね。
これは関ヶ原に向かう姿勢なのだろうなあと、期待が高まりました。
結局OPと内容が全く噛みあわない結果になりましたが……。
リューザキ弾正さんも書いておられますが、
不思議なことに劇伴は全く耳に残らないんですよね~。
去年と同じようなちょっと民放風なBGMを作っておられると感じてますが、
どうも画面と合っていないというのは同意見です。

異質な感じを求めての城田くんの起用であれば、
やはり「慶次郎」のほうが良かったんじゃないでしょうか。
出で立ちも幸村というよりは、慶次郎みたいでしたしね。

あ、素敵な動画をご紹介くださりありがとうございます。
打楽器好きにはちょっとたまらないリズムだったりするのですが、
なぜか打楽器演奏中にカメラが寄ってくれないのが残念です。

編集 | 返信 |  

リューザキ弾正  2009, 06. 30 (Tue) 13:30

OPは最高!

歴代大河の中でも、上位に来る(注:リューザキ弾正ランキング^^;)
良い出来栄えのメイン・タイトル曲だと思います!

ただ、劇版と言われる、BGMが・・・なんともはや・・・(呼吸困難)
場面にまったく合ってない選曲ばかり。

本当に、この作品では、最前線に立たされている役者さん以外、
どなたも仕事をなさっていないかのようです(泣)

編集 | 返信 |