上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう再来年のことが決まったらしい・・・
脚本は「篤姫」と同じ方(田渕久美子)
主人公は徳川家光の母、江(ごう)

幕末の次はまた戦国ですね。

お江といえば織田信長の妹お市と浅井長政の娘。三姉妹の末娘。
三姉妹は数奇な運命をたどりますが、お江は一番幸せだと思ってました。
でも秀忠の妻になるまでに二人の夫がいたし子どもも産んでます。

山岡荘八の「徳川家康」では、秀吉から持ち込まれたこの縁談に秀忠が涙ぐむシーンがあります。

律儀で真面目な秀忠は、義母旭姫(秀吉妹)から「わらわが可愛い嫁女を見つけてしんぜよう」と
言われていたので夢を見ていたんですね。(旭はその後病のため亡くなる)
それが6つほど年上で子をなした姫と聞いてショックだったようです。

美女いくさ  諸田玲子

もまた主人公はお江です。
女から見た戦国時代という感じで興味深かったです。





関連記事

コメント - 4

なつ  2009, 06. 29 (Mon) 10:57

カタリーナさん

大奥といえば大奥でしょうか?
浅井長政が敗れたときは赤子だった江
どこから描くかですね。

秀忠は子もいる新妻を受け入れる奇特な方、祝言は17歳と23歳だったはずでキャスティングが難しそう・・・
堺雅人さんは家康なら一番長く出てくれそう・・・(苦笑)

編集 | 返信 |  

カタリーナ  2009, 06. 25 (Thu) 22:08

結局

これもまた大奥モノということでいいのでしょうか……?
主役さんよりも、秀忠のキャスティングが気になります。
昨今多くなった年上の妻との夫婦像がどう描かれますやら。
なんとなく去年のような雰囲気にはなりそうですよね。
堺さんは、できればそろそろ武将にてお目にかかりたいです。
浅井長政では多分1話で終わりでしょうし、
いっそここは信長あたりいかがでしょうか?(若いけど)
でもこれも早々にご退場になってしまいますねえ。

編集 | 返信 |  

なつ  2009, 06. 18 (Thu) 08:11

リューザキ弾正さん

いえいえ、ありがとうございます。

今、前田利家にも注目しているのでありがたかったです。
荒子城時代に長男利久がいたことも最近知りました(苦笑)

最近読んだ本では、父と利久は織田家の後継に信行を推していて、利家は保険のような気持ちで信長に仕えさせたとなってました。
利家は慶次郎に負けない「かぶき者」だったようですし。

田渕さんの脚本なら「篤姫」ばりの女の物語になりそうですね。
昔の姫は幼くして嫁入りしたりするので、女優さんの設定が難しいかも。

家光に堺さん(笑)また夏以降にしか登場しないことになりそう・・

編集 | 返信 |  

リューザキ弾正  2009, 06. 17 (Wed) 22:37

あの脚本家さんか・・・(溜息)

下記事の二番目のコメント、つい熱くなりすぎてスミマセンでしたm(_ _)m

そろそろ、ミタニンの再登場かなぁ~と淡い期待を抱いていたので、
一報を聞いた時は、軽くショック(^^;)
脚本家の名前を見て、更に、ショック(^^;;)
浅井三姉妹の中では、お江が一番好きなので、メインに取り上げられるのは嬉しいんですけど・・・
また、「勝を呼べ!」(今回は誰がこの役回りを担当するのかな?^^;)で片付けたり、
春日局は、絶対、高畑淳子さんだ(爆)と悪い方向へ予想してみたり・・・(^^;;;)

続報をドキドキしながら待ちたいと思います。
個人的に、家光役に堺雅人さんを推薦しておきます(笑)

編集 | 返信 |  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。