上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
脚本家・菱田信也さんのブログにありました!

「オトコマエ2」のこと

よかった・・・ブログで書いたもののNHKのHPにはまだ載ってないようで
だんだん自信がなくなって・・・

8月29日からです。
菱田さんは全14回のうちの最終回を含む5回分を担当されるようです。


プレマップで「陽炎の辻3」の番宣を見ました。
おぉ、おこんさんの白無垢姿が見られるようです。
関前に帰る磐音とおこん。
大分でのロケの噂は聞いておりましたが、やっぱり外はいいですね。

同じくプレマップで「天地人」の伊達政宗@松田龍平を拝見。
家茂様とは正反対の「悪ガキ」をどう演じられるのでしょうか?

昨日の「天地人」で上杉景勝(北村一輝)が前田利家に挨拶するところがありました。
接待するほうが上座??官位が上なのか?

景勝殿の返事は「はっ」のみでした。
景勝も兼続ももっとにらんでもよかったのではないでしょうか。
だって、利家は魚津城陥落のとき柴田勝家に従っていたはず。
あのときの「無念」は忘れちゃいけません。

※この上洛(1586年)のとき秀吉50歳、利家は48歳、家康44歳(ここまでの人たちは老けすぎ)
 景勝31歳、兼続26歳
 政宗は19歳!
関連記事

コメント - 4

なつ  2009, 06. 18 (Thu) 07:49

リューザキ弾正さん

再度のコメントありがとうございます。

利久はのちに戻ってきたんでしたね。
城の留守居役をまかされたりしているの信頼されていたと思います。

甥の慶次郎については、利家を恨んでいるとする話が多いようです。
慶次郎は出生年も定かではなくて、当主の子(妻の連れ子?)のわりに
若い頃の資料が少ない。
野田山というと利家も遺言で「野田山に葬れ」と残していたのでは?
戦国時代は奥深い・・・・

香川照之さんは猿之助さんの息子さんでした!
そうか従兄弟になるんですか。
浜木綿子さんの息子は東大出だと話題になったことも昔の話。
いまや貴重な個性派俳優さんです。
大河「春日局」では小早川秀秋だったそうで、「利家とまつ」では秀吉に出世(笑)


編集 | 返信 |  

リューザキ弾正  2009, 06. 17 (Wed) 11:48

再度、失礼します(恐縮)

トレンディー大河と当時言われた(笑)「利家とまつ」
私は、トレンディドラマ自体、まったく見てなかったので、
フツーに完走できました(怪我の功名)
ネットでも、当時、酷評された、前田のまつ殿も、今の直江の汚染ドノから比べると、
何倍も良かったよな~と、変な再評価も受けています(^^;)

さて、景勝主従歓待の時は、前田利家が当主の時代です。
兄・利久が前田家当主の座を織田信長の命で下ろされるのは、荒子城時代です。
激怒した兄一家は、城を飛び出します。
律義者・利家にとって辛い出来事でした。

ドラマでは、利家が七尾城主になったころ、甥の慶次郎がやってきます。
どうも、復讐のためだったらしいのですが、利家とまつ夫妻にの温情にほだされ、
母と父に、利家たちの元に来るよう促します。
兄・利久との和解は、利家の念願でした。
利家の家臣たちから、温和な利久は「ご隠居様」と慕われていたようです。

その兄が、景勝主従接待の後に病没。
前田家代々の墓所となる野田山の天辺に、利久の墓があります。
その墓の銘文には「荒子城主」と書かれているそうです。

な~んて、長々書いてスミマセンm(_ _)m
「転痴塵」に飽いた戦国マニアに人が、ナナコが嫌で見なかった、
「としまつ」を見たら、存外、面白かった。と述べておりました。
香川照之さんは絶品ですよ~~♪
「まつ殿、邪魔だ!」(笑)は、名セリフとして皆の記憶に残っています(爆笑)

ちなみに、「風林火山」で武田信玄を演じた市川亀治郎さんは、
香川さんの従兄弟です。
一日、付き人をやってくれて、NHKの関係者に「従兄弟の亀治郎君です」
と、挨拶まわりをしてくれたそうです。

あ、今思い出しましたが、「利家とまつ」では石田三成を、現・格さんが演じてます(^^;)
うわぁぁ~~!長くなって、本当にゴメンナサイ!!

「オトコマエ!2」情報、本当に嬉しかったです♪

編集 | 返信 |  

なつ  2009, 06. 16 (Tue) 17:16

リューザキ弾正さん

「利家とまつ」はまつのあまりにも戦国らしからぬ言動に見るのをやめた思い出が・・・
それを考えたら今は忍耐力がついたなあ(笑)
香川照之さんの秀吉は好評だったんですね。

「利家とまつ」のキャストをみればなんと景勝公は黄門さま!?
兼続も実力派ミュージカル俳優さん。
年があまりにも・・・
このひとたちなら上座接待も仕方ないかも(苦笑)
利久がまだ前田家当主だった頃か?

お婿さんは髪型が変わってました・・・

編集 | 返信 |  

リューザキ弾正  2009, 06. 16 (Tue) 14:12

祝!オトコマエ!2

そういえば、昔の大河ドラマ「利家とまつ」での景勝サマ接待シーンでは、
ちゃんと上座に据え、下にも置かぬ歓待ぶり。
魚津城の戦いで相対しているからこそ、サルの肝いりもあるし、ここぞとばかりの大歓待。
饗応役は、唐沢利家の兄・三浦友和(笑)
彼の心づくしの饗応で、さしもの無口・景勝サマも顔をほころばす、
という、心温まるシーンになっていましたっけ・・・(溜息)

そうか、おこんちゃん、白無垢か・・・で、お婿さんは誰?(←このボケ、スルーしてくだされ!)

編集 | 返信 |  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。