第4回「夢いちず」

第3シリーズ、磐音とおこんさんのツーショットが多い気がするのは私だけでしょうか?
まあ祝言をあげたと同然の関係で仲がよくてなによりですけれど・・・・・ぶつぶつ・・・

今回の主役はおそめちゃん。
今津屋の奉公が1年過ぎ、いよいよ縫箔の職人になることになります。

お佐紀さまはじめみんなは、このままここで働いてほしいと思っている。
でも夢はあきらめられないとしっかり返事をするおそめちゃんはえらいです。
親元離れての奉公だけでもつらいと思うのに・・・

おそめ役の子役さんもけなげなところがよくでていました。

おそめちゃんが旅立つとき、お佐紀さまが薬を塗ってあげるところが泣けました。
同じような時期に今津屋にきたから、おそめちゃんの心細さを一番わかっていたんでしょうね。
おそめちゃんの「もう今津屋には戻りません」という言葉に、寂しく思いつつでもがんばってほしくて。
お佐紀さまはこのシリーズでお内儀さまとしての貫禄が出てきました。

柳次郎さんのおうちにはお有さんがvv
「誰も嫁のきてがなければ私がお嫁にきます」
堂々の逆プロポーズ(笑)
唖然とする柳次郎たちを「何かおかしなこと言いました?」という顔でみまわすお有さん!
はずかしがってないところがいいですね。

品川家からの帰り道、竹村武左衛門が自分だけ取り残されたような寂しい気持ちをこぼした途端、突き飛ばされました!
磐音が危機を察したからですが、あんな屋根の上なんだから突き飛ばさなくても・・・(笑)
巻き込んで悪かったと、笹塚さまからもらった寸志を竹村家に渡す磐音。
人のいいのは全然変わってませんでした。

回想のたびに屋根に浮かぶ竹内力の顔・・・
毎回出てませんか?

来週はいよいよ西の丸さま登場。
でも日光ではないんですね・・残念・・・・・

関連記事

コメント 4

なつ  2009, 05. 15 (Fri) 15:53

リューザキ弾正さん

このシリーズの配役はさすがNHKという感じの安定感です。
最初はどうなることかと思った柳次郎役の川村陽介さんもりっぱに成長されましたvv
長屋の面々は子役さんまできっちり仕事してます!

2まで敵役も渋かったのですが3はやたら派手です(笑)

魔裟斗さんはしゃべらないほうがいいかも・・


編集 | 返信 |  

なつ  2009, 05. 15 (Fri) 15:45

narkejp さん

椎葉のお有さん。
なかなかのしっかりものとみた(笑)
さっそく姑ともうまくやってそうですし。
「ヘタレ」な柳次郎さんにはお似合いですvv

ドラマでは幸吉くんは弟扱いですが、原作ではいずれ・・ちいさなおこんさんと言われたおそめちゃん。
深川の女は強いです。

なんだか居眠り磐音シリーズの女性はみんなたくましいですね。

編集 | 返信 |  

リューザキ弾正  2009, 05. 14 (Thu) 15:02

適材適所(^^)

なつサン、こんんちは~♪
こちらに、コメントさせていただきます。

おそめちゃん、けな気でこれからも修行頑張って欲しいと、応援したくなりました。
おそめちゃん役の子、すっかり大人びて、この役にも合ってますね(^^)
親方役の笹野さんも某大河よりよっぽどいい味出してます(^^;)

確かに、竹内力、毎回屋根の上から睨んでいるような・・・(笑)

編集 | 返信 |  

narkejp  2009, 05. 13 (Wed) 19:56

観ました。

縫箔職人を目指すおそめちゃん、しっかり者ですね~。幸吉クンは、相手にしてもらえるのだろうか?と心配です(^o^)
謎の中国人は金網でガードしていたようですが、磐音の包平は刃こぼれしていないのかな?
椎葉のお有さん、「お嫁の来手がいないのなら、ワタクシが」って、なかなかほほえましい場面でした。あの程度のユーモアがあった方が、番組が楽しくなりますね(^o^)/

編集 | 返信 |