上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと分厚くて読むのが大変だった本です。


幕末 維新の暗号幕末 維新の暗号
(2007/04/21)
加治 将一

商品詳細を見る


(ネタばれあります)
この本の表紙写真は幕末に宣教師をしていたフルベッキを中心に教え子たちが写ったものです。
この教え子たちの名前を写真に振るとこれがすごい人ばかりなのです。

高杉晋作、西郷隆盛、桂小五郎、大久保利通、小松帯刀、伊藤博文、などなど・・・維新史を彩ったそうそうたるメンバー。(すべての人物名が証明されているわけではない)
彼らがなぜ一同に会して写真を撮ったのか?目的はなにか?
なによりこの写真はホンモノか?

一枚の写真の謎を追う小説です。

歴史の謎を、登場人物が解く・・というものはよくあります。
結局は謎は謎のまま(確たる証拠があるわけではなく、推論に終わる)だけれど、現在の事件とからませたり、登場人物の魅力で読ませるものが多いです。

古くは高木彬光の「ジンギスカンの秘密」、あるいは高田崇史「QED」など・・

この本の説は以前別の本で読んだことがあるものでした。

ずばり「明治天皇替え玉説」です。

この結論を読んだだけでなんだか後味悪くていやになりました。
まあ小説なんだからといえばそれまでなんですが。

実際歴史の闇に葬られた多くの真実はあると思います。
薩長優位の歴史が存在することもわかります。

でも・・すっきりしません。

それとこの小説では謎にせまる歴史作家が出てきます。
この作家は自分の推理はほとんどなくて、人の調べたものを追っているだけなんです。
そしてヒントをくれたその人たちは皆変死を遂げていきます。
真相が明るみに出ないように「ある組織」が抹殺したようなのです。

それでも作家は書くことを決意する・・というところで終わってました。

ひとり助かっているやん・・と思いました。

この写真については過去からいろいろ取りざたされてきたようです。
加冶氏の論は二番煎じだという人もいます。


わくわくして読み進むという感じの本ではありませんでした。
幕末ということで期待していたのですが、拍子抜けというところです。
関連記事

コメント - 2

なつ  2011, 01. 21 (Fri) 09:48

bakumatu さん

コメントありがとうございます。

ずいぶん前に読んだ作品なので中味の細かい部分は思い出せませんが、「そのとき」はそう読んでしまったのです。

加治氏は主人公に自分を映しつつ、架空の人物をからめて自論(写真の考察)を展開された。
これは小説(フイクション)ですね。
でも【自論】の部分はノンフイクションということになるようで、このあたりがうまく飲み込めなかったです。

「龍馬暗殺」のほうがまだ納得できました。

もちろん、多くの新説は認められるのに時間がかかったり、無視されたり、迫害を受けたりするものだと思います(ガリレオの地動説のように)
自分の中の教え込まれた事柄(歴史)を受け入れるのは難しい。

この本を評価しなかった理由にそれがあることは認めます。

編集 | 返信 |  

bakumatu  2011, 01. 19 (Wed) 17:04

No title

作品中の歴史作家を、この作者である加冶氏に置き換えることをしないとは、随分な読み方ですね。びっくりです。
この「小説」は、史実と仮説、物語とを絶妙に混ぜていると思います。司馬遼太郎の描いた坂本龍馬暗殺のことについても、加冶氏の説と合わせると、見事に腑に落ちることも多々あります。
作中の架空人物を実在の人物と混乱させるとは本読みとして如何なものか・・・。

編集 | 返信 |  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。