上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初回になぜ源頼朝と北条政子をとりあげたかはよくわかりません。
来週は武田謙信。こちらを先にしたほうがよかったのでは?

司会者の渡辺あゆみさんは着物姿がとても綺麗でした。
着物の柄が桜のCGで花びらが舞っていました。(ちょっと目が痛かった・笑)
前番組より華やかに見せたかったのでしょうね。

個人的にはCGの背景はどんなに凝っていても味気なくてきらいです。

北条政子といえば大河ドラマ「草燃える」(1979)
このとき原作の永井路子「北条政子」を読みました。この本で鎌倉時代にくわしくなりました。

都育ちの貴公子(但し流人)の頼朝に東育ちでちょっとおくてだった政子が惚れてしまったんですね。
親が決めた婚礼を蹴って夜中に頼朝のところに向かうという勇気のある政子。
娘時代まで岩下志麻さんが演じていて無理もありましたが、なかなか名作でした。


先日までCSで大河ドラマ「徳川家康」(1983)を放送していました。
昨年やっていた「翔ぶが如く」も「徳川家康」も今見るとすごく画面が暗くて、話も重いです。


「徳川家康」のときの石田三成は鹿賀丈史さん。
関ヶ原の戦いのとき
『見下していたものには皆裏切られた・・腹をわって弱いところをみせたものだけが残ってくれた』
とつぶやくシーンが印象に残っています。




関連記事

コメント - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。